糖尿病や肥満ではがんになりやすい

日本では、

  • 国民の2人に一人ががんで死亡する

といわれています。

そして、

  • 日本国民の6人に一人が糖尿病か糖尿病予備群

さらに、

  • 日本人成人の4人に一人は肥満

だと言われています。

 

がんと糖尿病、肥満は何も関係がないように思われるでしょうが、

イギリスの研究グループは、

世界で年間に80万人以上の人が糖尿病と肥満が原因でがんになっている

という研究報告を発表しました。

あなたは大丈夫ですか?

 

 

80万人の人が糖尿病や肥満でがんになっている

がんと糖尿病や肥満は関係がないと思われるでしょうが、

世界で年間に80万人のひとが糖尿病や肥満が原因でがんを発症しているというのです。

 

イギリスのインペリアル大学ロンドン校の研究グループは、

2012年に発症したがんの6%が

  • 糖尿病
  • 過体重や肥満

が原因だと言うことが明らかになったと発表し、

Diabetes and obesity together responsible for nearly 800,000 cancers worldwide

詳しく読む ⇒ コチラ

 

この研究成果はイギリスの科学雑誌であるランセットに掲載されたことを明らかにしました。

Worldwide burden of cancer attributable to diabetes and high body-mass index: a comparative risk assessment

詳しく読む ⇒ The Luncet

 

研究グループは、

2012年に世界175ヵ国で発症した12種類のがんについて、

  • 糖尿病
  • 過体重(BMI25以上)や肥満(BMI30以上)

との関連について調べました。

 

その結果、

 

  • 糖尿病が原因となったがんは年間に28万100件で、全がんの2%に相当する
  • 肥満が原因となったがんは54万4,300件で、全がんの3.9%に相当する

 

ということがわかったというのです。

 

性別による糖尿病や肥満、過体重が原因となったがんの件数は、

  • 男性 : 49万6,700件
  • 女性 : 29万5,900件

と、男性が女性の2倍でした。

 

 

さらに性別毎の糖尿病や肥満、過体重が原因となったがんの種類では、

 

男性では

  1. 肝臓がん : 12万6,700件(42.8%)
  2. 大腸がん : 6万3,200件(21.4%)

 

女性では

  1. 乳がん    : 14万7,400件(29.7%)
  2. 子宮内膜がん : 12万1,700件(24.5%)

でした。

 

研究グループは、

糖尿病や肥満は世界レベルで増加していることから、

2035年までに糖尿病や肥満が原因のがんは、

  • 男性で20%以上
  • 女性で30%以上

まで増加すると予測しているのです。  

 

今回の研究では糖尿病や肥満とがんとの因果関係までは触れていませんが、

糖尿病ががん発症のリスクを高める原因は、

  • 高血糖
  • 高インスリン血症
  • 慢性炎症
  • 性ホルモンの障害

などが考えられるとしています。

 


Sponsored Link

 

 

日本人でも糖尿病ではがんになりやすい

今回ご紹介したイギリスのインペリアル大学の研究は、

2012年に世界175ヵ国で発症したがんを対象にした解析で日本も含まれているものと思われますが、

 

国立がん研究センターの調査でも、

糖尿病患者はがんになる危険性が、

  • 男性で1.27倍も高い
  • 女性で1.21倍も高い

として、

糖尿病患者の20~30%はがんになる可能性がある

と述べています。

 

   詳しく読む ⇒ 糖尿病はがんのリスクを上昇させる

 

さらに、糖尿病でなりやすいがんの種類は、

  • 大腸がん
  • 肝がん
  • 胆管がん
  • 膵臓がん
  • 乳がん
  • 子宮体がん
  • 卵巣がん
  • 前立腺がん
  • 腎がん
  • 甲状腺がん

 

と、多くのがんが糖尿病により発症が高くなるのですが、

特に、女性の糖尿病は肝臓がんのリスクが高いことが明らかになっています。

 

 詳しく読む ⇒ 糖尿病でなりやすいがん

 

さらに悪いニュースとしては、

糖尿病を併発する乳がんの患者では乳がんが治りにくいことも分かっています。

  詳しく読む ⇒ 糖尿病ではがんの予後が悪い

 

しかし、糖尿病に乳がんを併発しても、きちんと糖尿病を治療すると乳がんの予後がよい

こともわかっていますから、やや安心して下さい。

 

国内の研究でも糖尿病とがん発症の因果関係は明らかになっていませんが、

糖質制限でがん細胞が消えた

ということもありイギリスのインペリアル大学の研究グループが述べるように、

  • 高血糖
  • 高インスリン

がかんの発症や予後に関連している可能性が高いと思われます。

 

 

糖尿病や血糖値が高い糖尿病予備群なら、

  • 肝臓がん
  • 乳がん

に充分に注意を払って下さい。

 

しかし、

血糖値を下げれば糖尿病のリスクもがんのリスクも下がるのですから、

食事療法をしっかりやって下さい

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ