糖質制限の桐山秀樹氏が死亡

作家の桐山秀樹氏が死亡したとのニュースがある方面で大きな話題になった。

失礼ながら、作家としては余り有名ではないのだが、桐山秀樹氏といえば糖質制限

桐山秀樹氏の死亡は糖質制限ダイエットによるのではないかとの噂が広がったのだ。

糖質制限に対する理解度が足りなすぎる!

糖質制限の桐山秀樹氏が死亡

2o16年2月6日に、ノンフィクション作家の桐山秀樹さんが亡くなっていたことが15日に明らかになった。

桐山秀樹氏の死因は病気や事故ではなく、都内のホテルでの突然死だった。

桐山秀樹氏の死亡は、桐山氏の妻で文芸評論家の吉村祐美さんが、公式Facebookで報告したのだが、桐山秀樹氏は出掛ける様子でベットで倒れており亡推定時刻は6日午前9~10時ごろ、

  死因は心不全

だったそうだ。

しかし、

失礼ながら、桐山秀樹氏は作家としてはさほど有名ではなく、糖尿病の糖質制限で有名になったため、

   桐山秀樹氏の死亡が糖質制限によるのではないか

との憶測を呼んで話題になったのだ。

桐山秀樹氏は、

  • 糖質制限ダイエット
  • おやじダイエット部の奇跡
  • おやじダイエット3
  • なでしこダイエット部の大逆転

など様々な、糖質制限に関する著書があるのだ。

また、「おやじダイエット部」として、中年肥満サラリーマンを集めて減量に取り組むチームを作り活動していた。

おやじダイエット部のメンバーの一人である小林将之さんは、

素敵なパートナーである奥様 吉村祐美さんの了解を得て、
諸先輩方より先にコメントを書かせていただきます。
どうぞお許しください。

糖質制限が原因で亡くなったのでなく、
心不全・急性心筋梗塞で亡くなったのが、
診断書からも明らかです。
(中略)
桐山先生の死によって、
糖質制限へのいろいろな憶測をよんでいるようですが、
糖質制限食が、糖尿病の食事療法の一つである事実は、
変わらないです。
(桐山秀樹氏 公式Facebookページより 2016/2/15)

と、亡くなる前夜まで元気でしたコメントしている。

 詳しく見る ⇒ 桐山秀樹氏FaceBook(https://www.facebook.com/kiriyamahideki)


Sponsored Link

桐山秀樹とは

桐山秀樹氏は、1954年に愛知県名古屋市生まれ。

学習院大学法学部を卒業し、雑誌記者を経てフリーランスに。

2005年に、飽和状態である東京のホテル業に外資による超高級ホテルの進入と国内ホテルの対抗策をテーマにした「ホテル戦争」が話題を呼んだ。

 ホテル戦争―「外資VS老舗」業界再編の勢力地図 (角川)

糖質制限で糖尿病を克服

2010年に糖尿病と診断されたことを契機に、糖質制限を実践し、短期間で20kg以上の減量に成功。

その糖質制限による糖尿病治療の体験をテーマにした著作を次々と出版し、「糖質制限の伝道師」などと呼ばれるようにもなった。

TBSのTV番組アカルイミライでは、2012年6月17日放送の中で、桐山秀樹氏のダイエット事情が放映された。

桐山秀樹氏が死亡したのは糖質制限のせいではありません

桐山氏は3週間で、20キロもの減量に成功(87kg⇒67kg)。

桐山氏はその後も減量した体重を維持されているようです。

この体験を元に桐山氏は「おやじダイエット部」という肥満に悩む中高年のサラリーマンのグループを結成し、集会を行いながら減量に挑戦し、著書に纏めています。

おやじダイエット部の奇跡 「糖質制限」で平均22kg減を叩き出した中年男たちの物語 単行本(ソフトカバー)

Google Books
初版発行: 2012年4月
著者: 桐山秀樹
1,400円

桐山秀樹氏の死亡は糖質制限をしたためではありません

内容は、、、

20キロ、30キロは当たり前!「糖質制限」という最終兵器を手に入れ、男たちは遂に痩せた!
挫折や諦めを乗り越え、互いに励ましあいながらスリムな体型と健康を取り戻した、メタボ中年たちを描く、感動と驚きのノンフィクション!
「糖尿病発症で一念発起、20kg減、血糖値も良化し死地から脱出できた作家」、「会食漬けで膨れ上がったカラダから35㎏減、
引退の危機から這い上がったホテルマン」、「コンビニと外食だけで38kg減、『社内の早死に候補』の汚名返上の独身マネージャー」、
「会食時は糖質制限もおやすみ、ゆる~いルールで15kg減の医師」、「愛妻と二人三脚のオリジナルレシピで10kg減、健康を取り戻した光学技術者」……。
それぞれのライフスタイルにあわせ、「部員」たちがトライした方法はさまざま。十人十色の脂肪との闘い方を楽しみながら、きっとあなたにあったダイエット法も見つかります。
糖質制限ダイエットのカリスマ・江部康二先生(「おやじダイエット部」総監督)推薦

正しい糖質制限とは

糖尿病には糖質制限が良いとする一方、

糖質制限は

糖質制限は

と説く人や著書も多い。

私のこのサイトにも、曠野洋一 氏という、「お金も時間もかけず痩せる方法」http://monogusayaseru.blogspot.jp/というブログを書かれている方からコメントが届いた。

ダイエットをする前に持病などがあれば、体質改善し
ないということは健康的な方法とはいえず、そういった
方法を他人に薦めるのはどうかと思います。
(中略)
 糖質制限ダイエットのように疑念をいだかせるような
ダイエットで健康と時間の無駄な浪費をしないためにも
検証と正しい情報提供が必要だと感じています。

というものだが、曠野洋一 氏はお金も時間もかけず痩せる方法の中では、 沢山食べて排便する」という、誰にでもできる簡単な方法を説いているらしいから興味のある方は読んで欲しい。

糖質制限は糖質ゼロではない

よく間違われるのが、糖質制限というと糖質を全く摂らない糖質ゼロです。

 糖質制限は糖質の量を必要に減らす食事法

なのです。 

  1. 朝食のパンを半分にして目玉焼きを増やす
  2. 夕食のご飯の量を半分にしてお肉を増やす

これが糖質制限なのです。

糖尿病や超肥満の方は炭水化物を摂り過ぎている方が大部分です。

そして、血糖値を上げているのは炭水化物だけです。

桐山秀樹氏の糖質制限で死亡することなどありません

肉を食べても血糖値は上がりません。

そして、

  1. GI値の高い炭水化物を食べる
  2. 炭水化物は野菜の後に食べる

ということも重要なことです。

玄米や全粒粉のパンなど、GI値の高い炭水化物は食後の血糖値を急激に上げません。

 詳しく見る ⇒ 糖尿病の血糖値は食事のGI値の影響が大きい

また、ご飯の前にサラダなどの食物繊維を食べれば血糖値の上昇が抑えられるのです。

 詳しく見る ⇒ 糖尿病の血糖値は食べる順番で変わる

桐山秀樹氏の死亡は糖質制限ではなく急性心不全が原因です

 

詳しく見る ⇒ スタンダード糖質制限のやり方

国際学会に参加中でコロラドに来ております。

のの続きは今夕に記載させていただきます。


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ