隠れ糖尿病の検査法とセルフチェック

隠れ糖尿病という言葉を良く聞きます。

隠れ糖尿病とは糖尿病ですか?

貴方も隠れ糖尿病かも知れません。

YOMIURI ONLINE の発言小町に下記のような相談がありました。

40代の同僚が、
「インフルぽいので病院に行ったら隠れ糖尿病が見つかって、それもかなり進行していた」というのです。
うちの会社は年に2回健康診断があって、冬は簡単なやつで採血はないんですが、検尿はあります。
今年は先月あって、食後1時間くらいに受診しましたが、その時は出なかったみたいなんです。
かくれ糖尿病って、空腹時の検査では見つからないものだと思っていましたが、食後でも見つからないものなんですか?やっぱり採血とかしないと分からないのでしょうか??

隠れ糖尿病は健康診断では見つからない?

上の相談の方の友人は毎年2回の健康診断を受けていたそうですが、健康診断では隠れ糖尿病は見つからないのでしょうか?

健康診断の当日には、『朝食は食べないで来てください』を指示されたと思います。

つまり、健康診断時の血糖は、空腹状態の血糖値が測定されます。健康診空腹時血糖値の診断基準断の前の夕食は多くの方は夜9時頃までには済ませるでしょうから、食後10時間は経過していると思います。

糖尿病の空腹時血糖値での診断基準は、右図のように

110mg/dl以下であれば、「正常」、

110mg/dl~126mg/dlであれば、

「やや高いですから食生活に注意してくださいね」

というような注意を受けるのですが、一応は安心するものと思います。

隠れ糖尿病とは

隠れ糖尿病とは、空腹時血糖値は正常であっても、食後の血糖値が高い人のことをいいます。

食事によって誰でも血糖値が上昇しますが、隠れ糖尿病の人では、

  • インスリンの分泌がやや少ない
  • インスリンの効果が少し弱い

というような理由で、食後に血糖値が糖尿病の人と同じように上昇してしまうのです。

空腹時に糖尿病診断基準の126mg/dlまで血糖値が上がるのは糖尿病がかなり進行した状態で、糖尿病が軽症、あるいは初期の場合には、食後2~3時間程度は血糖値が上昇するものの、空腹時には正常レベルまで下がることから、健康診断の血糖値の検査では、糖尿病の診断から漏れてしまう場合が多いのです。

隠れ糖尿病

隠れ糖尿病の人は、糖尿病に移行する確率が非常に高いので、隠れ糖尿病といわれるのです。

ある人間ドックの調査では検診された方の40%以上が、空腹時には正常値でも、食後に高血糖状態で、空腹時血糖値が正常でも、40%以上の人が隠れ糖尿病の可能性があるのです。


Sponsored Link

隠れ糖尿病を見つけるには

健康診断で検査したから大丈夫と思っていても気付かないうちに糖尿病が進行し、発見が遅れてしてしまうのが「隠れ糖尿病」の怖いところです。

自分が、糖尿病を発症しやすい「隠れ糖尿病」に該当するかどうかを自己診断で調べてみましょう。

セルフチェック

次のような心当たりがないかを確かめてみましょう。

  • トイレが近い、尿がたくさんでる
  • のどが渇き、水をよく飲む
  • ダイエットもしていないのに体重が減ってきた
  • 倦怠感がありだるく、疲れやすい
  • 目がかすみ物が見えにくくなった
  • 手足の先がジンジン、ピリピリとしびれる
  • 軽いケガをしても痛みを感じない、傷の治りが遅い
  • こむら返りが起こりやすく、転びやすい
  • 顔面神経痛で顔が動かしにくい
  • 下痢や便秘を繰り返す
  • 性欲が衰えてきた
  • 汗をかきやすい、汗をかきにくい
  • 足にむくみがある

幾つ以上が隠れ糖尿病ということはありませんが、心当たりが多かったら要注意です。

 尿糖を測る

血糖値を測定するには微量ですが採血をする必要がありますが、尿糖を測ることは簡単です。

電子尿糖計

最近は尿糖を簡単に測れる電子尿糖計が販売され、一昨年5月の薬事法改正に伴い、家電量販店やドラッグストアで購入出来るようになりました。

様々な機種がありますが、写真はタニタの電子尿糖計「UG-120」は、法改正後の第一号で、大手家電量販店では、血圧計と並んで置いてあるはずで、価格は1万円弱のようです。

タニタの携帯型尿糖測定器で隠れ糖尿病を診断

使い方は簡単で、電子尿糖計の先端部分のセンサー部に直接、尿をかけるか、採った尿に電子尿糖計を浸すだけで、約6秒で測定できます。

食事直前に排尿し、食後1〜2時後の尿糖を測定すれば隠れ糖尿病を判定できます。

尿糖試験紙

もう少し安い価格で、、ということであれば、尿糖試験紙が便利です。

理科の授業で使ったリトマス試験紙のようなもので、試験紙に尿をかけるか、尿に試験紙を浸せば色の変化で尿糖を判定できます。

 

テルモの尿糖試験紙で隠れ糖尿病の自己診断

テルモ社の新ウリエースシリーズが一般的で、一般の薬局で購入出来、10枚入り700円程度です。

測定は、電子尿糖計と同じで、食事前に排尿し、食事後2時間程度の尿を測定するだけです。

耐糖能試験を受ける

もう少し確実に測定したいと思うのであれば、医療機関で糖負荷試験を受ければ完璧です。

宿泊タイプの人間ドッグであればプログラムに入っているところが多いですが、なければ追加することができます。また、一般の医療機関でも検査して貰うことができますので、問い合わせれば良いでしょう。

糖負荷試験は、oral glucose tolerance testといわれ、OGTTと略して表記されることが多いのですが、oral( 口)からglucose(ブドウ糖)を負荷して、olerance(糖に対すてどれだけ身体が耐えられるか)をtes(試験)するけんさです。

具体的には、一定時間の絶食後に、経口的にブドウ糖水溶液を飲み、その後の血糖値を時間を追って測定します。

  1. 検査前日の夜から絶食(10時間以上)
  2. 空腹時血糖(負荷前)の採血
  3. 75gのブドウ糖水溶液を一気に飲む
  4. 30分後、60分後、120分後に採血して血糖値を測定
  5. 負荷前と糖負荷後の血糖値により判定
  正常域 糖尿病域
空腹時値 110mg/dl未満 126mg/dl以上
2時間後 140mg/dl未満 200mg/dl以上
判定 両者を満たせば正常型 いずれかが相当すれば糖尿病型

隠れ糖尿病は、

空腹時血糖 : 110mg/dl~126mg/dl
2時間値 : 140mg/dl~200mg/dl

の人が相当します。

保険が適用される糖負荷試験には2種類あり
①常用負荷試験・・・・・200点
(血糖,尿検査を含みます)
②耐糖能精密検査・・・900点
( 常用負荷試験及び血中インスリン測定等)
検査に伴う注射、検体採取などの費用は含まれます。

3割負担の場合は①では600円、②では2,700円になります。

隠れ糖尿病だと分かったら

隠れ糖尿病だと分かったら、

  1. 食生活の改善
  2. 運動の励行

を実行して、自分で治すより方法がありません

隠れ糖尿病は、まだ病気ではありませんから、医者に行っても薬を処方してくれません。

しかし、このままの生活を続ければ確実に糖尿病になってしまいます。

一日も早く、食生活の改善を行い、隠れ糖尿病から逃れてください。

糖尿病は食事の改善で治ります。

糖尿病は食事の改善でしか治せません。


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ