アラプラス糖ダウン

糖尿病予備軍の人からの問い合わせ

先日、お問い合わせのコーナーから、

最近、電車の中やテレビで、郷ひろみさんが宣伝している、「アラプラス 糖ダウン」という商品をよく見るのですが、どのような効果があるのでしょうか。
主人は40歳代ですが、肥満体で、会社の健康診断では「血糖値が高い」と注意されています。
家では食事に気を遣っているのですが、外食が多く、昼食や夕食では血糖を気にせずに食事をしているようで心配です。

というようなお問い合わせがありました。

  1. 40歳代
  2. 肥満体
  3. 健康診断で血糖値が高い

この3点が揃えば、明らかに「糖尿病予備軍」・「隠れ糖尿病」ですね。

奥さんは食事に気を使っているとのことですが、昼食や夕食は外食も多く、食事内容には気を遣っていない、という典型的なサラリーマンの食生活ですから、このままの生活を続ければ確実に糖尿病に移行してしまうことでしょう。

アラプラス糖ダウンというサプリは、郷ひろみさんが宣伝していますから、ご存じでしょう?

糖尿病予備軍から糖尿病へを防ぐには

隠れ糖尿病ともいわれる糖尿病予備軍とは、正常と糖尿病の中間に居る方です。

空腹時血糖値は糖尿病の人ほど高くないが、正常な人よりもやや高い、という人が糖尿病予備軍です。

郷ひろみの宣伝するアラプラス糖ダウンで食後高血糖を下げる

 

現在、隠れ糖尿病といわれる糖尿病予備軍は1,200万人程度いると見られています。

糖尿病予備軍の方がこのままの食生活、すなわち食後高血糖を高くするような食生活を数年続ければ、確実に糖尿病になってしまうのです。

糖尿病予備軍から糖尿病への移行を防ぐには食後高血糖を下げる

食後高血糖を下げるには

グルコーススパイクともいわれる食後高血糖は多量のインスリンの分泌を促すので、この状態が続けば、膵臓が疲弊してインスリンの分泌が低下し、真生の糖尿病になってしまうのです。

食後高血糖を挙げないようにするためには、

  1. 糖質(炭水化物)の摂取を減らす ⇒ 食事療法
  2. 血糖の消費を高める      ⇒ 運動療法

ということしかありません。

糖尿病の治療の基本は、「食事療法」と「運動療法」ですが、食事療法では炭水化物の摂取を減らしたり、食物繊維の量を増やして糖の摂取と吸収を抑えるのです。

運動療法では筋肉による糖の消費を高め、また筋肉を鍛えて基礎代謝を上げて糖の利用をあげるのです。

しかし、炭水化物の摂取量を減らすのは、肥満体で外食が多いサラリーマンにとっては難しいことです。

アラプラス糖ダウンには2つの働き

さて、前置きが長くなってしまいましたが、問い合わせのあった、アラプラス糖ダウンですが、消費者庁の機能性表示品ですね。「機能性表示品」というのは、「科学的根拠に基づいた健康効果のある食品」ということで、消費者庁に認可された食品です。

アラプラス糖ダウンの届け出表示は、

本品は5-アミノレブリン酸リン酸塩を含み、高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、食後血糖値の上昇を穏やかにする機能があり、血糖値が高めの方に適しています。

ということで、5-アミノレブリン酸リン酸塩というのがアラプラス糖ダウンの目玉のようです。

5-アミノレブリン酸リン酸塩とは

5-アミノレブリン酸リン酸塩というのは、5-Aminiolevulnic Acid(5-ALA)、5-アミノレブリン酸というミトコンドリアによって作られるアミノ酸ですが、アラプラス糖ダウンの開発販売会社であるSBIファーマは5-ALAの大量合成に成功しており、国内外の90以上の大学や研究施設と共同で5-ALAを利用して様々な医薬品の開発を行っていることを公表しています。

「アラプラス糖ダウン」の「アラ」とは、ALAから付けたようです。

さらに、SBIファーマは5-ALAを糖尿病治療薬として使う特許もアメリカで所有しており、2型糖尿病患者を対象にした臨床試験を、東京大学医科学研究所、広島大学、ハワイ大学、バーレン大学と共同で実施中で、血糖を下げる有効性が確認され、安全性も担保されたとして、2015年11月から、中東のバーレン大学で臨床研究の準備を進めているのです。

アラプラス糖ダウンには2つの効果

アラプラス糖ダウンには、血糖値に対して、

  1. 糖の吸収を抑える 
  2. 糖の燃焼を高める

という2つの効果が期待出来るようです。

アラプラス糖ダウンは郷ひろみが宣伝しているように,血糖値を下げる

従来の血糖値を下げるとされるサプリメントは、難消化性デキストリンといわれる食物繊維を多く含まれることによって、小腸での糖分の吸収を穏やかにすることで食後高血糖の上昇を抑えていましたが、アラプラス 糖ダウンは、ALAが、細胞の糖代謝の機能を向上させることで、血糖値の上昇を抑制するとのことです。 

アラプラス糖ダウンは1日1回、いつ飲んでも良い

アラプラス糖ダウンを調べていて、これは良いと思ったのは、

  1. 1日1回
  2. 飲むタイミングを選ばない
  3. 疲労回復効果もある

ということです。

多くの糖尿病に関するサプリメントは、「食事の直前」、「食後直ぐ」などど、毎食後に注意する必要があるのですが、アラプラス糖ダウンは、1日1回、いつ飲んでも良いと言うのは飲み忘れもなくて良いですね。

5-ALAは細胞のエネルギー代謝に関与しているミトコンドリアに作用するので、「疲労回復効果」もあるそうなのですが、5-ALAには、「抗肥満効果」や「美容効果」もあることが明らかになっています。

糖尿病予備軍では糖尿病にならないためには食後高血糖を抑える必要があります。

食事療法がなかなか難しいという方はこのサプリを使ってみたらいかがでしょうか。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ