食後眠いのは糖尿病の初期症状です

昼食を食べた後に猛烈に眠くなる、、、

夕食後にテレビを見ながら眠ってしまった、、、

食後眠い」のは食べ過ぎのせいでもあるのですが糖尿病の初期症状でもあるのです。

しかし、食後眠いからといって昼寝のし過ぎは糖尿病のリスクを高めるという研究報告も発表されています。

食後眠いあなたの血糖値は正常ですか?

とにかく、あなたの、

高血糖を改善することが先決です。

食後眠い理由は?

昼食の後は急に眠くなってしまって仕事が手につかない、、お昼の後は頭がぼーっとしてしまって会議どころじゃない、、、このようなことは誰でも経験が有るものですが、

  「ちょっと疲れ気味かな、、」

と何も気に留めない人が多いのです。

食後眠いは糖尿病の初期症状

食後の眠気は生理的な現象でもあり、余り心配することもないのですが、実は背景には大きな問題もあるのです。

食後の眠気の主な原因は、

  1. 食べ過ぎによる胃への過剰な負荷
  2. 膵臓の疲れによる血糖値の乱れ

なのですが、多くの場合には食べ過ぎによることが多いのです。

 

食べ過ぎによる食後眠い

食後眠いは食べ過ぎ等による胃への過剰な負荷によることが多いのです。

食べ過ぎは血液を消化器官へ集中させるため、脳への血液の循環量が減少し、脳全体の活動が穏やかになるため眠気が促されると考えられていますが、最近の研究ではオレキシンというホルモンが関与していることが明らかになっています。

オレキシンは中枢神経で神経伝達物質の役割をしており、満腹中枢に刺激を伝達する働きをしているのですが、オレキシンには覚醒効果があるため、お腹が一杯になると満腹中枢が働き、オレキシンの分泌量が少なくなることによって眠気が生じると考えられています。

  詳しくみる ⇒ 食後眠いはグルコーススパイクで糖尿病のサイン

さらに最近の研究では、過剰に糖分を摂取すると、オキシトシンの活動を弱めてしまうため、満腹の信号が満腹中枢に伝わりにくくなり、肥満や糖尿病、そしてうつ病の原因になっていることも報告されています。


Sponsored Link

 

食後眠いは糖尿病の初期症状

しかし、仕事がはかどらないほどの猛烈な眠気が続く場合には糖尿病の初期症状かも知れません。

食後の異常な眠気は、インスリンの分泌の乱れによって起こるからです。

食事の摂取によって、誰でも血糖値が上昇します。

血糖値が上昇し、高血糖の状態では誰でも程度の差はあれ身体のだるさや眠気が起こりますが、正常な人ではおよそ2時間程度でもとの血糖値に戻ることから眠気やだるさも解消します。

食後眠いは糖尿病の症状

しかし、糖尿病や隠れ糖尿病の人ではインスリンの分泌不足やインスリンの効果が低下しているために食後高血糖の回復が悪く、食後の長い間、食後眠い状態が続くのです。

このサイトでも紹介しましたが、長州小力さんは重度の糖尿病ですが、食事をしながら眠ってしまったそうです。

  詳しく見る ⇒ 長州小力は糖尿病合併症で入院中

糖尿病になってしまえば一日中、血糖値が高い状態が続くのですが、「食後血糖値が長く続く」隠れ糖尿病といわれる人では、健康診断などの検診では正常な人と見分けが付かず、見落とされてしまう可能性が高いのです。

 

こんな症状はありませんか?

  • 冷や汗
  • 頻尿
  • 激しい動悸
  • 異常なだるさ
  • イライラや不安感
  • のどの渇き

食後眠いに加えて上のような症状に心当たりがあるなら、できるだけ早く医療機関で検診を受けるべきですが、まずはセルフチェックをしてみて下さい。

  詳しく見る ⇒ 隠れ糖尿病のセルフチェック

 

既にお知らせしたのでお読みくださったと思いますが、

睡眠不足や不眠は糖尿病の原因でもあり、特に、不眠の女性は糖尿病のリスクが高いのです。

本当の糖尿病にならないために

隠れ糖尿病のうちであれば比較的簡単に糖尿病から逃れられます。

隠れ糖尿病のうちであれば膵臓はまだそんなに疲れておらず、インスリンを出すことができるのですが、食後血糖値が高い隠れ糖尿病の状態が続くと、膵臓は疲れてインスリンを出すことができず、本当の糖尿病になってしまうのです。

食後の一時的な高血糖を改善するためには、「食の改善」を行うことが必要です。

食の改善を行うことにより、インスリンの効果(インスリン抵抗性)を回復させ、インスリンを分泌する膵臓への負担を軽減して膵臓の正常な糖のコントロール機能を取り戻すことができるのです。

食の改善をして隠れ糖尿病から逃れる

食の改善を行うためには、

  1. 食事内容
  2. 食生活
  3. 食事方法

を見直す必要があります。

食事内容を見直す

血糖値を上げるのは炭水化物(糖質)だけなのです。

血糖値が高いということは、炭水化物を摂り過ぎているということです。

最近、「糖質ゼロ」という製品や、「糖質制限食」という言葉を良く目にしますが、糖尿病の予防には血糖値を上げている糖質の摂取を少なくすれば良いと言うことがハッキリしてきたからです。

糖質制限食といっても、「ゼロ」にする必要はありません。白いご飯や麺類は我々日本人にとって切り離せない食品です。

  1. ご飯やパンの量を減らす
  2. 白米や白いパンを玄米や玄米パンに変える

これだけでも血糖値の上昇は大きく変わります。

玄米や全粒粉のパンには食物繊維が豊富に含まれており、糖の吸収を抑えて血糖の上昇を穏やかにします。

朝、昼、晩の食事内容を見直して、ご飯やデザート等の炭水化物や糖質を多く含む食べ物を、昼食や晩には控え手見てください。

肉や魚などの蛋白質の量は増やしても問題はありませんので、ご飯の代わりにたくさん食べても良いのです。

甘いもの好きな方には辛いかも知れませんが、チョコレートやスナック菓子等はできるだけ食べないようにする必要がありますが、ナッツなどのは非常に良い食べ物ですから、豆類の菓子やナッツなどのスナック菓子に切り替えてください。

これが、「ゆるい糖質制限」で糖尿病の予防にも、治療にも非常に効果的なのです。

  詳しく見る ⇒ 糖尿病の血糖値を下げるための食事の摂り方

食生活を見直す

ダイエットしたいからといって、朝食を抜いたり、昼食を抜いたりしてはいけません。

糖尿病にならないためには、メタボを改善する必要がありますが、ダイエットしたいのであれば、食事回数を減らすのではなく、食事量を減らして下さい。

朝、昼、晩と三食をきちんと摂ることが重要なのです。毎日、同じ時間に三食を規則正しく食べるようにして、間食や夜食を摂らない方が健康的にダイエットできるのです。

  詳しく見る ⇒ 糖尿病の血糖値を下げるための食事の摂り方(2)

食後に軽い運動をする習慣をつけることも有効です。

食事で血中に取り込まれた糖はインスリンの働きによって組織に取り込まれエネルギー源として使われ、余分な糖は脂肪に変換されて貯蔵されるのですが、食後の軽い運動は糖の消費を促進して余分な脂肪の蓄積を防ぐことができます。

しかし反対に、消化器官が休息しようとしている時に食事をすると、大きなエネルギーが必要になるため身体にも負担がかかるのです。

食事方法を見直す

同じ食事内容でも、食べ方によって食後血糖の上昇は大きく異なります。

糖尿病や隠れ糖尿病ではできるだけ食後血糖を上げないようにすることが大事なのですが、

  1. 初めに野菜や食物繊維の多いものから食べる
  2. 良く噛んでゆっくりと食べる
  3. おかず→主食→おかず→主食 の食べ方をする

ことで、食後血糖の上昇は穏やかになります。

食事のはじめに食物繊維を摂ることによって糖の吸収は穏やかに吸収されるようになることから、グルコーススパイクという血糖の急激な上昇を抑えることができます。

また、ゆっくり食べることや、炭水化物と蛋白質などを交互に食べることも非常に効果的です。

 詳しく見る ⇒ 菊芋には糖尿病の血糖値を下げる効果がある

糖尿病を治すのはあなたの食事法だけ

糖尿病治療薬として様々な薬が開発されて処方されています。

糖尿病の薬は、

  1. 糖の吸収を抑える
  2. インスリンの効果を高める
  3. インスリンの分泌を促進する

というような作用を持った薬です。

 「糖尿病の薬を飲めば、血糖値は下がります」

しかし、これは糖尿病が治ったわけではありません。

薬の服用を止めれば再び血糖値は上昇してしまいますから、生涯にわたって薬を飲み続ける必要があるのです。

糖尿病を治せるのはあなたの食事法だけです。

食事内容、食事方法の見直しによって糖尿病体質を改善することができます。

糖尿病の食事療法は病人食ではありません。

糖尿病の食事法は、食事内容を本来の食事内容に見直すだけです。

糖尿病の食事法は、「健康食」、「長寿食」ともいわれる、本来の日本人の食事法なのです。

  詳しく見る ⇒ 糖尿病でおすすめの食事法

 

食後に眠いのは糖尿病の初期症状であることをお分かりいただけたでしょか。

しかし、食後に眠いからといって、

昼寝のし過ぎは糖尿病のリスクを高めるという研究報告も発表されています。

とにかく、

血糖値を下げることが先決なのです。


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ