森本卓郎がライザップの糖質制限食に挑戦

経済アナリストの森永卓郎氏がライザップのCMに出演することが決定した。

TBSのオールスター感謝祭’15の視聴者投票で選ばれた。

ライザップは週2回のトレーニングと糖質制限食による肉体改造だ。

森永卓郎は糖尿病でインスリン注射が欠かせない、、

糖質制限食が森永卓郎の糖尿病をどう変えるかが非常に興味深い。

森永卓郎がライザップに挑戦

先日10月3日の、TBS「オールスター感謝祭’15」の中でライザップ(RIZAP)のコマーシャル出演をめぐって視聴者投票がおこなわれました。

その結果は、

  1. 森永卓郎(58歳)
  2. FUJIWRA藤本敏史(44歳)
  3. 実業家・堀江貴文(42歳)
  4. マテンロウ・アントニー(25歳)

森永卓郎氏(以下、敬称を省略)が、CM出演に選ばれたのです。

森永卓郎は

  • 500万円の賞金
  • 2ヶ月間のライザップのトレーニング参加権

をゲットし、医療機関にて健康状態を検査した後に、目標とトレーニング実施期間を決定し、

コマーシャル出演は2016年1月頃の予定だそうです。

こんな体に変われるのでしょか?

森永卓郎が糖質制限のライザップに挑む

 

ライザップに挑戦する森永卓郎のプロファイル

森永卓郎は経済アナリストですが、様々なテレビ番組に出ていますね。

  • 生年月日 : 1957年7月12日(58歳)
  • 出身校 : 東京大学
  • 活動先 : 
     獨協大学経済学部教授
     三菱UFJリサーチ&コンサルティング客員研究員
  • 研究分野
     マクロ経済・計量経済・労働経済・教育計画

森本卓郎はたくさんの著書を執筆していますが、中でも、「年収300万円時代を生き抜く経済学」がベストセラーになりました。

その後には300万円から大幅にダウンした、「緊急版・年収120万円時代-生き抜くための知恵と工夫」も読まれていますね(私も読みましたが、、)。ライザップ森永卓郎は糖質制限食に挑戦決定

森永卓郎は超倹約家

「緊急版・年収120万円時代-生き抜くための知恵と工夫」では、

  1. 自分の節約術
      服は安物で十分、食品は賞味期限ぎりぎりの値引き品でいい
  2. 自分の資産運用法
  3. 田舎礼賛
     北海道の田舎へ講演に行ったら、時間つぶしの場所がないが、田舎はいい

などの内容なのですが、自身も本に書いているように非常な倹約家です。

2012年には、テレビ朝日の『いきなり!黄金伝説』の中の好評シリーズ「1か月1万円生活」にも参加しました。

対決者は、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇(32才)とAKB河西。

AKB河西は5日目で脱落しましたが、吉村崇と激しい節約バトルを行い、最終的に、

  1. 森永卓郎の残金: 2,230円
  2. 吉村崇の残金  : 2,218円

と、その差は12円で森永卓郎の勝ちでした。

その時に発した名言が、「節約は科学だ!」というひと言で、「1食数十円の生活を送ってきたから、100円以上の値段のものを買うのが怖くなりました」、といっていました。

実際、現在も、

月曜~金曜は東京都内の事務所に寝泊まりし、週末だけ埼玉の自宅へ帰る生活を続けているのだそうですが、食事は自炊で1,000円/週の倹約生活をしているらしいのですが、食料品の買い出しは月曜の夜8時以降にスーパーに行って、半額処分品の食品を1週間分まとめ買いしているそうです。

森本卓郎は糖尿病

そんな質素な生活をしてたはずなのですが、

  • 平均睡眠時は2時間半とか4時間だとか、、
  • 1日5食、、

の生活を続けた結果、空腹時血糖値、HbA1cとも基準値をオーバーしており、糖尿病なのです。

身長167cm、体重は90kg、腹囲は105cm、、で完全なメタボ体型ですね。

糖尿病発覚は3年前

3年前に、足にできた傷がなかなか治らないことから病院に行ったところ糖尿病と診断されたのだそうです。

糖尿病では免疫力が低下し、傷が治りにくくなったりするのは初期症状です。

 詳しく見る ⇒ 糖尿病の初期症状で早期発見を

現在も合併症予防のためにインスリン療法を行っており、毎月の医療費が1万~1万5,000円もかかり、「年収300万円時代を生き抜く経済学」や「緊急版・年収120万円時代-生き抜くための知恵と工夫」の著書があるのに、

  • 自分が糖尿病になるなんて考えたこともなかった
  • 医療費は毎月の固定費で節約できない
  • もっと早く病気の怖さや経済的負担が大きいことに気づけばよかった

と悔やしがっているそうです。

糖尿病では医療費が馬鹿にならない

医療と生活者の距離を縮める総合医療メディア会社であるOLifeは、最大級の病院検索・薬検索・医療情報サイトなどを運営していますが、

エコノミスト・森永卓郎さんと考える「糖尿病治療の経済学」というサイトを公開しています。

詳しく見る ⇒ 森永卓郎さんと考える「糖尿病治療の経済学」
(残念ながら現在は閉鎖されていますので、改めてご紹介します)

森本卓郎は糖尿病でライザップの糖質制限に挑戦

 

  • 医療費が1万~1万5,000円もかかる
  • 治療費が足枷になってはいけない

さらに「糖尿病合併症になれば桁違いに医療費が増え、国民全体の負担になると」述べています。

 

森永卓郎のライザップの食事法は糖尿病治療費より安いのか?

現在、私はインスリン注射による糖尿病治療を行っていますが、ひと月あたり10000~15000円ほどの治療費を支払っています。この出費が毎月続くことは、軽い負担ではありません。患者さんの中には治療費をねん出するために生活を切り詰めたり、先生に治療の中断を申し出たりする人もいるかもしれません。消費税も8%に上昇し、食費や服代など、さまざまなシーンで「安い方法はないか」と探されている方も多いと思いますが、治療費においてもその法則をあてはめてみることをおススメします。

  • 僕もそうだったが、 糖尿病がどんな病気か知らない人は少なくない。
  • 血糖値が高いと言われた人は医師に相談して治療を始めた方がいい

と話しています。


Sponsored Link

ライザップでは完全な糖質制限食

ライザップは若い人が対象かと思ったら、

これまでに60歳以上の高齢の方にもご利用いただいており、健康数値の改善を確認しております

といっています。

 

ライザップの売り文句は、「結果にコミットする」という挑戦的な文言ですね。

コミット(comit)とは確約するという意味ですから、「目指す身体に向け、肉体の改造を確約する」と言うことを明言し約束していることになります。

ライザップのメニューは、

  1. 筋力トレーニング
  2. 食事療法です

筋力トレーニングで基礎代謝を上げ、食事療法で減量するというやり方のようですね。

 詳しく見る ⇒ ライザップのプログラム

ライザップはマンツーマントレーニング

ライザップのトレーニングは、完全個室でマンツーマントレーニングで、周りを気にしなくてもできるそうです。

効率の良いトレーニングをやることで、

  • 1回50分
  • 週2回

でも充分なんだそうです。

詳しく見る ⇒ ライザップのプログラム

森永卓郎が挑戦するライザップの運動療法と糖質制限療法

その人の目的に合わせたマンツーマントレーニングで、各人に専属のトレーナがついて、その人その人の目的や体の状態に合わせたトレーニングメニューを組み立てるのだそうです。

これによって、無理することなく、無駄なく、効果的に ボディメイクができるのだそうです。

ライザップの食事は完全糖質制限食

ライザップの食事療法はかなり厳密のようです。

以前に、このサイトでも紹介しましたが、

6月3日に、おじゃマップで、「ライザップの食事法NGメニュー!社長の秘密も公開」

で放映されました。

 詳しく見る ⇒ ライザップの食事法は糖尿病にもいい

ライザップの食事法では、徹底して糖質を制限します。

  • タマゴやベーコンなどはOK
  • 炭水化物もNG
  • 乳製品やフルーツなどもNG

毎日の食べた食事内容を自分のトレーナーに報告しなければならないようです。

書き込みに、

「お通夜で出されたお寿司をつまんだと報告したら、ご飯は食べてはいけない!と叱られて、通夜の席で寿司のご飯だけを残せるかと腹が立った!!」とありました、、、。

ライザップのサイトには推奨する低糖質レシピが出ていましたが、糖質以外は何でもOKのようで、こんなのを食べて良いのというものばかりでしたね。

詳しく見る ⇒ ライザップのメニュー 森永卓郎が挑戦するライザップの糖質制限食

糖質制限食は糖尿病に良い

糖尿病は血糖値が上がる病気ですが、血糖を上げるのは炭水化物だけです。

蛋白質も脂肪も血糖値を上げることは全くないのです。

森永卓郎のライザップの食事法は糖質制限炭水化物の量を減らせば、確実に血糖値は下がります。

  詳しく見る ⇒ 糖尿病の食事法は糖質制限がベストです

しかし、炭水化物を全く摂ってはいけないというわけではありません。

  • 朝食のパンを半分にする
  • 夕食のご飯を半分にする

これで良いのです。

ライザップの糖質制限食で森本卓郎の糖尿病がどうなるか非常に興味深いです

 詳しく見る ⇒ 森永卓郎がライザップで激やせ


Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ