肥満や糖尿病では新型コロナウイルス感染が重症化するのか?

今日もご覧になっていただきありがとうございます。

臨床の経験はないのですが20年以上にわたって製薬会社で新薬の研究開発を行っていた けんぞう です。

糖尿病治療薬の開発を行っていた私が言うのも何ですが、

日本糖尿病学会厚生労働省も述べるように、

糖尿病の治療では食事療法と運動療法が基本なのです。

今日も科学的根拠に基づいた糖尿病関連の情報をお伝えいたします。

 

はじめに

アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の発表によると、

日本時間で19日午後3時の時点での新型コロナウイルスの感染者数は世界全体で233万259人とり、

国別では、

  1. アメリカ : 73万5242人
  2. スペイン : 19万4416人
  3. イタリア : 17万5925人
  4. フランス : 15万2978人
  5. ドイツ : 14万3724人

となっており、

 

世界全体での死亡者数は16万917人で、

国別では、

  1. アメリカ : 3万9089人
  2. イタリア : 2万3227人
  3. スペイン : 2万639人
  4. フランス : 1万9323人
  5. イギリス : 1万5464人

であり、

感染者数、死亡者数ともアメリカが群を抜いて多くなっています。

 

糖尿病と新型コロナウイルス

 

世界トップの先進国であるアメリカでどうして新型コロナウイルス感染者数や新型コロナウイルス感染いよる死亡者が多いのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

アメリカで新型コロナウイルス感染による死亡数が多いのは肥満と糖尿病が原因なのか?

 

新型コロナウイルス感染では、

  • 肺疾患
  • 心臓病
  • 糖尿病

などの基礎的疾患があると増悪する場合が多いといわれています。

詳しく見る ⇒ 糖尿病患者では新型コロナウイルス感染は重症化する

 

アメリカの友人が送ってくれた資料によると、

新型コロナによる死者数が130人を超え3月22日に外出禁止令を出した、

アメリカ・ルイジアナ州でも、

新型コロナが原因で死亡した83人のうち、
95%の患者に1つ以上の基礎疾患が認められた

と公表しています。

 

死亡患者で多かった基礎疾患は、

  1. 糖尿病   : 41%
  2. 慢性腎臓病 : 31%
  3. 肥満    : 28%

であり、

肺疾患を有する死亡者はわずか18%に過ぎなかったのです。

 

CNNのインタビューに答えたアメリカ国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長は、

アメリカの新型コロナウイルス死者、20万人に上ることもありうるが、

アメリカで新型コロナウイルス感染による死亡者数が急増している背景の1つに、

アメリカの国民病である肥満が関係している可能性がある

とのコメントをしています。

 


Sponsored Link

 

肥満は新型コロナウイルス感染を増悪させる

ルイジアナ州の保健省次官補であるアレックス・ビーユー氏は、

新型コロナの重症化リスクは、

高齢者の間で高いことはよく知られているが今回のデータから明らかなように、

  1. 糖尿病
  2. 慢性腎臓病
  3. 肥満

などの基礎疾患を持つ人でも重症化するリスクが非常に高い州民に注意を呼び掛けたのです。

 

アメリカ以外でも肥満では新型コロナウイルス感染が増悪する

 

肥満では新型コロナウイルス感染が増悪するという調査結果はアメリカ以外でも報告されています。

メキシコの市民団体は3月25日、

新型コロナが原因で死亡した最初の5人のメキシコ人のうち、

4人は糖尿病を患っていたと発表しています。

 

メキシコでは、全人口の70%が肥満者か過体重者だと言われ、

アメリカと並ぶ肥満国なのです。

メキシコでの新型コロナウイルス感染者数は約3,000人、死亡者数は180人に留まっていますが、

これから急増する可能が有ります。

 

イギリスでも、新型コロナウイルス感染の増悪と肥満の関連を裏付けるデータが明らかになっています。

イギリスの集中治療室の監査・調査機関であるICNARCは、

3月26日までにイギリス各地の集中治療室に搬入された新型コロナウイルス感染者775人のうちの672人のBMI値を公表しています。

それによると、

  1. 深刻な肥満 : 45人(6.7%)
  2. 肥満    : 208人(31.0%)
  3. 太り気味  : 231人(34.4%)

という内訳で、72%が肥満か肥満傾向であることが分かったのです。

 

さらにICNARCでは、

  • BMI値25未満の患者は57人中33人が回復(回復率58%)
  • 太り気味の患者では48人中28人が回復(回復率58%)
  • 肥満者では46人中で回復者は18名(回復率39%)

であり、肥満者では死亡者数が回復者数を大きく上回ったと公表しています。

 


Sponsored Link

 

まとめ

 

肥満者は新型コロナウイルス感染で重症化するリスクが高い

 

新型コロナウイルス感染の重症者では肥満者が多いという調査結果が出ているのですが、

アメリカの疾病対策センター(CDC)は、

新型コロナウイルス感染で重症化する条件の1つとして「肥満」と「糖尿病」を挙げています。

  • BMI値40以上の深刻な肥満
  • 糖尿病患者

では新型コロナウイルス感染が重症化するリスクが高いというのです。

 

糖尿病患者の新型コロナウイルス感染に対する対処法

 

BMIは体重(kg)を身長(m)の2乗で割った肥満指標で、

WHOでは、

  • BMI値25以上 : 太り気味
  • BMI値30以上 : 肥満
  • BMI値40以上 : 深刻な肥満

としています。

 

肥満は糖尿病発症の最大の原因あのですが、

慢性腎臓病とも密接な関連があり、糖尿病や腎臓病では免疫力の低下を招きやすいことが明らかになっているのです。

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ