フリースタイルリブレで血糖測定を開始

Amazonで購入したフリースタイルリブレが昨日届きました。

説明書をじっくり読んだので、今日は装着して血糖測定を開始してみようと思います。

センサーのはこの中には、

  • センサー
  • アプリケーター

が入っていました。

 

血糖測定はフリースタイル・リブレ

 

Sponsored Link

 

フリースタイルリブレで血糖測定するための初期設定

 

センサーは腕に貼り付けて血糖を測定する器具、

アプリケーターはセンサーを腕に貼り付けるための器具のようです。

 

アボット社は血糖測定のフリースタイル・リブレを発売開始

 

センサーの容器の蓋を剥がすと黒いプラスチックの物体があり、

これがセンサーなのでしょうがどのような部分なのか分かりません、、、

 

アプリケーターも半透明なキャップを取り除きます。

中はこんな感じです、、、

 

血糖測定が開始されたのはフリースタイル・リブレ

 

説明書にはしっかり図解してありますから間違うことはありませんが、

どのような仕組みになっているのか全く分かりません。

 

フリースタイル・リブレはアボット社の血糖測定機器

 

そして装着するのですが、、、

センサーの肌に密着させる面を見てみると、

中央に針が出ているではないですか、、、

 

アボット社が測定を開始したのはフリースタイル・リブレ

 

その針をアップで見ていただくと分かると思いますが、

細いけど長い!

1センチまではありませんが、、、4~5ミリはありそうです。

(正確には7ミリだそうです)

 

これを腕に押しつけて刺すのですがチョット躊躇してしまいます。

側で見ていた妻は、私はできない!と、、、。

 

保険適応でフリースタイルリブレを使う人はインスリン自己注射をしている人ですから、

注射には抵抗がないのでしょうか、、、

 


Sponsored Link

 

フリースタイル・リブレの装着が完了

 

思い切って装着!

アプリケーターをグッと肌に押しつけて離すと装着完了です。

 

痛くなかった、、、

 

フリースタイル・リブレは血糖測定器

 

こんな感じで、しっかりと貼り付きました。

 

持続的な血糖測定ならフリースタイル・リブレ    

 

リーダーも充電して初期か設定が完了。

リーダーでセンサーをスタートさせます。

 

フリースタイル・リブレで血糖測定を開始しましょう

 

一時間待てばセンサーが自動的に血糖測定を開始するはずです。

 

これでいよいよ血糖測定の開始です。

 


Sponsored Link

 

関連記事(一部広告を含む)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ