食後高血糖を下げるにはヨーグルトがおすすめ

食後高血糖とはなんでしょう?

食事をすると誰でも一時的に血糖値が上昇します。

健康な人の場合には食後2時間もすれば血糖とは食事前の値まで戻ります。

食前にヨーグルトを食べると食後高血糖が抑えられるからおすすめ

しかし、

糖尿病や糖尿病予備軍の人では、

食事後数時間を経過しても血糖値が正常値まで低下せず血糖値が高いままなのです。

これが食後高血糖でグルコーススパイクとも呼ばれます。

食後高血糖は糖尿病合併症を引き起こす原因になるので、食後高血糖は絶対に抑える必要があるのです。

食後高血糖は重大な合併症のリスク高めるため、

食高血糖を抑える必要があるのです。

 

 

食後高血糖は糖尿病を悪化させる

上に書きましたように、

食高血糖は食事後の血糖値の急上昇で、グルコーススパイクとも言われます。

 

食後高血糖は血管壁を傷害し糖尿病合併症を引き起こす原因になるので、

 

問題は糖尿病予備群の人です。

糖尿病予備群の人では、食後高血糖は数時間でほぼ正常値に戻ってしまいますから、

健康診断における空腹時血糖値では正常な人の血糖値とほぼ同じレベルになってしまいます。

したがって、健康診断の空腹時血糖値では「異常なし」と判定されてしまうのです。

 

  ただ、食後に異常に眠いのは食後高血糖の影響だといわれてます。

 

糖尿病予備群の人でも、

  • 食後高血糖は動脈硬化などの合併症を進めてしまいますし、
  • 食後高血糖を放置すると確実に糖尿病になってしまうのです。

何とか食後高血糖を抑える必要があるのです。

 


Sponsored Link

 

食後高血糖を抑えるにはヨーグルトがおすすめ

健康診断で、

「血糖値がやや高めです」

といわれたら、確実に食後高血糖が起こっています。

 

食後高血糖を防ぐには、

  1. 食べ方の順番を変える
  2. 食物繊維の多いGI値の低い食品を食べる

などが効果的といわれていますが、

 

大人のダイエット研究所は、

 食事の最初にヨーグルトを食べると食後高血糖が抑えられる

という研究成果を発表しました。

 

  くわしく見る ⇒ 大人のダイエット研究所

 

「社団法人 大人のダイエット研究所」は、管理栄養士・シニア野菜ソムリエでフードプランナーである岸村康代が発起人となって、各種の専門家が集まり発足し他団体で、大人が無理なく食事を楽しみながら健康になれるように様々な活動をおこなっている団体です。

 

大人のダイエット研究所は

  1. ヨーグルトが食後の血糖値上昇に与える影響を調べる
  2. ベジファーストとヨーグルトファーストを比較する

という2つの試験をおこなったところ、

食後高血糖を抑えるには食事の最初にヨーグルトを食べることが効果的だということが分かったというのです。

 

ヨーグルトは食後高血糖を抑えるのでおすすめ

 

ヨーグルトが食後の血糖値上昇に与える影響

この試験では、

健康な20~40代の男女を各群に10名づつ振り分け、

  • A 群 : 白米 150gを食べる
  • B 群 : サラダ 101gを食べた後、白米 138gを食べる
  • C 群 : 白米 120gを食べた後、ヨーグルトを 200gを食べる
  • D 群 : ヨーグルト 200gを食べた後、白米 120gを食べる

として、食後高血糖を測定したのです。

 

その結果、

白米だけを食べたパターンに比べ、

  • 白米とヨーグルトを一緒に食べた群の食後高血糖は低い
  • 白米の前にヨーグルトを食べた群の食後高血糖が低い

 

ヨーグルトを先に食べると食後高血糖が抑えられるのです。

 

食後高血糖をヨーグルトで抑えると糖尿病にならない

ベジファーストとヨーグルトファーストの比較

ベジファーストというのは、ベジタブルファーストのことで、

食事の最初に食物繊維の多い野菜(ベジタブル)を食べると食後高血糖を抑えることができるとして最近人気の食事法です。

  詳しく読む ⇒ ベジファースト

 

大人のダイエット研究所では、

  1. 白米の前にサラダを食べる
  2. 白米の前にヨーグルトを食べる

の2群に分けて食後高血糖値を調べたところ、

 

ヨーグルトファースト(赤線)の食後高血糖はは、

  • ベジタブルファースト(緑線)と同等がそれ以上に食後高血糖値を抑える、
  • 食後2時間経過時の血糖値はヨーグルトファーストの方が低い

という結果が得られたのです。

 

食後高血糖を抑えるおすすめの方法は食前のヨーグルト

 

大人のダイエット研究所では、

食後に血糖値が急激に上昇する食後高血糖は

インスリンを過剰分泌させて肥満や糖尿病などの生活習慣病を招くといわれているが、

ヨーグルトファーストでこれらを予防することができる、

と述べています。

 

試験を監修した名古屋大学の大澤俊彦名誉教授は、

これまでの研究でも、食前に蛋白質や脂質を摂取すると食後血糖値の急激な上昇を抑えることが確認されており、

蛋白質や脂質を含むヨーグルトが炭水化物の消化吸収を緩やかにすることで、食後血糖値の上昇が抑えられたと考えられる、

とコメントしています。

 

食後高血糖は、

  • 糖尿病を悪化させ糖尿病合併症を引き起こす
  • 糖尿病予備群を糖尿病にする

ことから、どうしても食後高血糖を抑える必要があります。

 

食後高血糖を防ぐには、

  1. 食べ方の順番を変える
  2. 食物繊維の多いGI値の低い食品を食べる

などがおすすめなのですが、

パン食が多い朝食では、

 ヨーグルトファースト

がおすすめです。

 

関連記事(一部広告を含む)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ