ブロッコリーは糖尿病に良い食べ物です

ブロッコリーは糖尿病に良い食べ物だと云うことはこのサイトでもお知らせしたのですが、

イギリスのオンライン新聞サイトであるMailOnlineは、

Research has found eating or drinking broccoli in the form of juice could stop type 2 diabetes

と発表しました。

糖尿病の改善の良い食べ物はブロッコリーのスルフォラファン

研究者がブロッコリーを食べることにより糖尿病をストイップさせることを発見した

というのです。

MailOnlineはNYタイムズをも超える世界でNo.1のウエブニュースサイトです。

あなたは糖尿病のスーパフードのブロッコリーを食べていますか?

 

 

ブロッコリーは糖尿病に良い食べ物

 

Mail Onlineは、イギリスのオンライン新聞サイトでNYタイムズを追い抜き、世界で最も人気の高い新聞サイトです。

そのMail Onlineが6月14日に掲載した記事は、

Is broccoli a secret weapon against diabetes? Extract of the vegetable may help patients regulate their blood sugar levels.

・Research has found eating or drinking broccoli in the form of juice could help
・Controlling diabetes is a huge expense for the NHS – around 10% of its budget
・Lifestyle changes – in particular controlling obesity – helps stop the condition

     詳しく見る ⇒ コチラ

ブロッコリーは糖尿病に良い食べ物で、血糖値の改善に効果があり、

ブロッコリーは糖尿病のスパーフードだというのです。

 

糖尿病治療薬で最も一般的なメトフォルミンは、腎臓への影響があるため糖尿病患者の15%で使用することができないが、

 

ブロッコリーを食べたりジュースにして飲んだりすることにより糖尿病の進行を止めることができ

イギリスの糖尿病患者は390万人もおり、総医療費の10%をも占める糖尿病関連の医療費を削減することも可能だと報じたのです。

 


Sponsored Link

 

ブロッコリーのスルフォラファンが糖尿病に良い

ブロッコリーはキャベツと同じアブラナ科アブラナ属の野菜で、イタリア人によって花を食用とするキャベツから品種改良で作られたといいます。

ブロッコリーは、ビタミンB群、ビタミンC、Eを多く含むほか、β-カロテンやカルシウムやカリウム、鉄などのミネラル、そして食物繊維も多く非常に栄養価の高い野菜ですが、

1992年にアメリカのジョンスホプキンス大学のタラリー教授によって、

ブロッコリーにスルフォラファンというフィトケミカルが含まれていることが発見され、

その後、スルフォラファンには種々の健康効果効果があることが明らかになりました。

スルフォラファンの健康効果としては、

  1. 抗酸化作用
  2. がんのリスクを低減
  3. 心臓発作のリスクを低減
  4. 動脈硬化の予防

などが明らかになっています。

 

ブロッコリーは糖尿病に良いでもご紹介しましたがスルフォラファンの抗酸化作用は糖尿病へも良い効果を与えることと考えられています。

 

スルフォラファンは糖尿病にも効果がある

MailOnlineの記事の中では、

ブロッコリーが糖尿病治療の鍵となる可能性があると主張する論文が発表された

と、

ウェーデンのルンド大学・糖尿病センターのアンダーズ・ローゼングレン教授らの研究を紹介しています。

 

Science Translational Medicineの誌に掲載されたこの研究では、

スルフォラファンの抗酸化作用については、がんや炎症性疾患については臨床研究がおこなわれているが、糖尿病についての臨床研究はなかったとして、

 

血糖値のコントロールが不充分な97人の肥満患者に、

  • 凝縮ブロッコリー抽出物
  • 12週間にわたって摂取

させたところ、

空腹時血糖値が劇的に下がった

というのです。

 

肥満患者では、肝臓におけるブドウ糖の貯蔵と放出の調節が悪くなるため必要以上のブドウ糖の放出をおこなっているので空腹時血糖が上昇し、糖尿病の発病につながると推論しています。

 

研究グループは、約4,000もの化合物を試したがスルフォラファンが最も効果があったとし、

スルフォラファンには副作用がなく、シェイクやジュースとして摂取することも可能で、糖尿病の食事療法の重要な食品になる可能性があり、

ブロッコリースプラウトのエキスを機能性食品として開発中だとのことです。

 

ブロッコリースプラウトは肥満や糖尿病に良い食べ物」でもご紹介したように、

ブロッコリースプラウトのスルフォラファン含量はブロッコリーよりも多いのです。

 

また、東京大学とイマジン・グローバル・ケア(株)の研究グループは、

ブロッコリーにはブロリコという、スルフォラファンやβ-グルカン、フコイダンよりもはるかに強い免疫力をアップさせる物質が含まれることを明らかにしています。

  くわしく見る ⇒ ブロリコ

 

今日ご紹介した論文はいかがでしたでしょうか?

ウェーデンのルンド大学・糖尿病センターのアンダーズ・ローゼングレン教授は、

糖尿病に対する最も重要な治療法は、

健康な食生活と運動に基づく生活スタイルでその上で薬物療法が必要

だと述べているように、糖尿病の改善では食生活が基本なのです。

 

それにしても、3日に1回ブロッコリーを食べるだけで炎症を抑え免疫系を改善できるのであれば、あなたも直ぐにできるのではないでしょうか?

 

MailOnlineでは、

糖尿病のスーパーフードはブロッコリーだけではない

として、

その他の糖尿病に良い食べ物7つ

も発表していますので読んでくださいね。

  詳しく読む ⇒ 糖尿病に良い7つの食べ物

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ