ブロリコの糖尿病に対する効果は免疫力アップ

最近、ネットでよく見るのがブロリコ。

  • 東京大学が特許を持っている新成分
  • 糖尿病とたたかう新成分

こんなキャッチコピーが目に付きます。

ブロリコは糖尿病患者の免疫力をアップして感染症などに効果がある

東大が発見した、糖尿病とたたかう新成分のサプリのようなんですが、

糖尿病とたたかうってどういうことなんだろう。

非常に気になりませんか?

あなたに代わって調べてみました。

 

ブロリコってなに?

ブロリコというのは、

東京大学とイマジングローバルケア(株)が5年の研究の末に、

ブロッコリーから世界で初めて発見した新成分

だということです。

 

 

このブロリコと名付けられた新成分はブロッコリーに微量しか含まれていないため、

ブロッコリーから抽出することが非常に難しく、

サプリメントとして販売できるのは世界中でイマジングローバルケア(株)の1社だけだということです

 

ブロッコリーは非常に健康に良い食べ物です。

ブロッコリーは糖尿病に良い」でもお知らせしたように、

  • スルフォラファン
  • βカロテン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • クェルセチン

などの抗酸化物質が非常に多く含まれるのです。

抗酸化物質は糖尿病を悪化させる活性酸素を除去する作用があるのです。

特にスルフォラファンが注目され、

ブロッコリーのスルフォラファンは活性酸素を73%減少させた

とのイギリスの研究グループが報告しています。

 

スルフォラファンは、ブロッコリーよりも、ブロッコリースプラウトといわれるブロッコリーの新芽、いわば、ブロッコリーのモヤシにより多く含まれるのです。

  詳しく見る ⇒ ブロッコリースプラウトは肥満や糖尿病に良い食べ物

 

ブロリコの効果は免疫力アップで感染症を防ぐ

 

スルフォラファンは化学物質名です。

ブロリコとは商品名ですが、ブロリコの成分はスルフォラファンなのでしょうか?

その辺が良く分かりません、、、

 

ブロリコのサイトには、「ブロリコはファイトケミカルだ」と書いてありますが、単一物質であるのか、化学構造は、、ということは記載がありません。

 

ファイトケミカルとは、

野菜、果物、豆類、芋類、海藻、お茶やハーブなどの色素、香り、アクなどの成分から抽出された化学物質で、

抗酸化力、免疫力強化などの健康維持や改善に効果があるといわれる物質です。

ブロリコとは、ブロッコリーから抽出された健康効果が期待される健康食品というのが最も適した表現ではないかと考えられます。

 

 


Sponsored Link

 

ブロリコは本当に糖尿病に良いのか?

ブロリコは、

  • 2012年に発売開始
  • 現在までに100万個以上を販売
  • リピート率は90%超
  • アメリカや韓国でも販売

という非常にというか超人気の商品です。

 

あなたが最も気になるのは、

ブロリコは糖尿病に効果があるのか?

ということだと思います。

 

販売元は、

ブロリコは糖尿病とたたかう新成分

と表記しています。

 

上にも書きましたように、ブロリコは健康食品ですから、

  • 糖尿病が治る
  • 糖尿病が改善する

という表現をすると薬機法(旧薬事法)に抵触してしまいますから「糖尿病とたたかう」と表現しているのでしょう。

 

ブロリコには元気成分が多い

販売元は、

ブロリコの元気成分はプロポリスの1,000倍以上とうたっています。

 

ブロリコの糖尿病に対する効果は本当か?

元気成分を他の物質と比較した場合、

  • βグルカンより50倍
  • メカブフコイダンより60倍
  • DHAより70倍
  • スルフォラファンより100倍
  • プロポリスより1,000倍

以上も、ブロリコには元気成分が多いというのです。

 

元気成分の活性は食品の活性率で比較していると書かれていますが、

どのような実験系で調べたのかは良く分かりません、、、、。

 

ブロリコNK細胞を活性化する

ではブロリコにはどのような効果があるのか?というと、

ブロリコはNK細胞を活性化して免疫力を高める

と明記されています。

 

NK細胞とは、ナチュラルキラー細胞(natural killer; NK)のことですが、

ウイルス感染や細胞の悪性化などによって体内に異常な細胞が発生したときに直ちに攻撃して排除するように働く体の初期防衛機構で、非常に重要な免疫細胞なのです。

 

 

 

NK細胞を活性化して免疫力を高める物質としては、キノコ類のアガリスクに含まれるβ-グルカンや、ハチの巣に含まれるプロポリスなどが有名ですが、

ブロリコのNK細胞活性化作用はβ-グルカンやプロポリスよりも強いといことで、元気成分とはNK細胞活性化作用のようです。

 

ブロリコの糖尿病に対する効果

ブロリコは糖尿病とたたかうのだそうですが、

あなたがブロリコに期待するのはどんな効果でしょうか?

  1. 食後高血糖を下げる
  2. 糖尿病を予防する
  3. 糖尿病合併症を予防する

 

ブロリコの販売サイトには、

 

ブロリコは糖尿病の合併症からカラダを守る。

糖尿病の症状で一番こわいのは、感染症などの合併症です。
(中略)
そのため、糖尿病になるとあらゆる感染症にかかりやすくなります。
また、水虫やすり傷の傷口からウイルス細菌に感染して手足が腐敗し、切断せざるを得なくなる場合があります。
しかし、ブロリコは免疫力を活性化させるため、そうしたウイルスや細菌からカラダを守る力を高めます。

 

と記載されています。

 

ブロリコには優れた免疫活性化作用があり、

重症の糖尿病では皮膚潰瘍や感染症を起こしやすくなるのです。

糖尿病患者がケガをして傷口から細菌が入り込むと、なかなか治癒せず、最悪の場合にはその部分が壊死して切断せざるをえないことも起こるのですが、ブロリコはNK細胞を活性化して免疫力を高め、感染症などを防ぐ働きがあるようです。

 


Sponsored Link

 

ブロリコを試してみたい方は、、

ブロリコを試してみたい、、、

ブロリコをもう少し知りたい、、

というのであれば、無料資料請求があります。

 

 

直ぐに試してみたいというのであれば、最初に紹介したサイトから申し込めますが、

この資料請求のサイトでは、

  • 1日分の3粒が付いてくる
  • 資料やDVDが付いてくる

そうなのです。

 

いきなり購入するのは抵抗があるという方はまずは資料を読んでからにしたらいかがでしょうか。

 

じつは、私も先日、資料請求をしたのです。

もうすぐ資料が付くと思いますので、熟読してご紹介したいと思います。

 

ただ、1ヵ月服用してみて、やっぱりやめたいと思ったら、全額返金制度もあるようですから、お急ぎの方は申し込んでください。

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ