活性酸素は糖尿病合併症の原因

活性酸素は体をサビつかせるといわれ、

活性酸素は老化や病気の原因の90%を占めるといわれています。

活性酸素は糖尿病や糖尿病合併症の原因でもあるのです。

活性酸素は老化や糖尿病などの原因

活性酸素という言葉を最近は良く目にします。

TVの健康番組でも、「体がサビる」と、、、

活性酸素は、読んで字のごとく、「活性が強い酸化力が強い酸素」のことです。

酸素原子は、通常は、8個の電子に囲まれて安定した状態にあるのですが、活性酸素は電子が1個足りないので、他の分子から電子を奪い取る力(酸化力)が非常に強いのです。

活性酸素は糖尿病や合併症の原因です

体がさサビるとは、例えば、皮を剝いたリンゴを放置しておくと表面が黒くなるようなことです。リンゴのポリフェノールが酸化されて黒くなったのです。

活性酸素は体をサビつかせ糖尿病や合併症の原因

活性酸素は体を守る

私達は呼吸によって酸素を取り込みますが、その2%は活性酸素になるといわれています。

活性酸素は体内で重要な働きをしており、強い酸化力で体内に入り込んだ細菌などを酸化させて除去する働きを担っています。

また、酵素の働きを促進する効果もあり、活性酸素があるからこそ、身体中の細胞は健康を維持することができるのです。

活性酸素は老化や病気の原因

体内で作られた活性酸素は、余分な活性酸素は、SOD(Super Oxide Dismutase ; スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)といわれる酵素で取り除かれます。

活性酸素は、

  • 老化
  • ストレス
  • 紫外線
  • 喫煙
  • 過度の飲酒
  • 大気汚染
  • 食品添加物
  • 過激な運動

などで増えるのです。

また、体内のSOD産生能力は40歳を過ぎる頃から急激に低下し、体内の活性酸素が過剰な状態になります。

体内の活性酸素が増えると、老化や様々な病気を引き起こすことが明らかになっていますが、糖尿病の原因でもあるのです。

活性酸素が増えると、

  • 動脈硬化
  • 脳血管障害
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • 肝臓病
  • 白内障
  • 老人性痴呆症
  • 関節リウマチ
  • アトピー性皮膚炎

など、多くの体のトラブルの原因になっているのです。


Sponsored Link

活性酸素は糖尿病の原因

活性酸素が糖尿病と深く関わっていることは、

  • 糖尿病の推移と血中過酸化脂質値が一致する
  • SOD様作用食品を摂取すると血糖値が改善する

というような事実から間違いないといわれていますが、活性酸素がどのようにして糖尿病を引き起こすのかについてはまだ完全には解明されていませんが、

  • 活性酸素は膵臓のβ細胞を攻撃してインスリンの分泌を低下させる

糖尿病や糖尿病合併症の原因は活性酸素

 

と考えられています。

  詳しく見る ⇒ 活性酸素は糖尿病の原因

活性酸素は糖尿病合併症を引き起こす

糖尿病は血管の病気だということは何回もこのサイトで説明してきました。

糖尿病による高血糖は体には余り変化が出ないのですが、血管壁にジワジワと障害を与え、血管の障害に基づく合併症が発生します。

  1. 糖尿病性神経障害
  2. 糖尿病性網膜症
  3. 糖尿病性腎症

これらは微少な血管の障害で、太い血管に障害が起きると、

  1. 脳梗塞
  2. 心筋梗塞

などの合併症が発生するのです。

活性酸素はAGEを生成し糖尿病合併症の原因になります

これらの大血管の障害がどのように進行するのかというと、

  1. 血液中の活性酸素と脂質が反応して過酸化脂質を作る
  2. 過酸化脂質は血管壁に付着し、血管の内腔を狭め、また血管壁をもろくする
  3. 動脈硬化の進行や血管の狭小化で、脳血栓や心筋梗塞が起こりやすくなる

というステップで障害が進行するのです。

事実、

  • 糖尿病患者では活性酸素を除去するSODが少ない
  • 糖尿病患者では過酸化脂質が多い

ということは、多くの研究で報告されており、高血糖、活性酸素、過酸化脂質が糖尿病合併症に大きく関わっていることは間違いないのです。

高血糖と血管障害の時間的関係は下記の様にいわれています。

高血糖でいる時間が長くなればなるほど重篤な合併症が発生するのです。

活性酸素は糖尿病合併症を引き起こす原因になります

まだ糖尿病じゃない、血糖値がやや高いだけだ、、という糖尿病予備軍の人でも血管障害は始まっているのです。

糖化蛋白が活性酸素の発生源

高血糖の糖尿病では、糖と蛋白質が結合して糖化蛋白(AGE)が作られますが、糖化蛋白は活性酸素の発生源で、これにより作られた活性酸素が血管の障害につながるのではないかと考えられています。

AGEは糖尿病や糖尿病合併症に深く関わっているですが、活性酸素が関わっているのです。

  高血糖 → AGE生成亢進 → AGEが種々の酵素と反応して活性酸素を生成

 詳しく見る ⇒ 糖尿病ならAGEの多い食品を避けてください
         ⇒ AGEは糖尿病の高血糖が原因です 

まとめ

やや専門的で難しくなってしまいました。

以上をまとめれば、

  1. ストレスや高血糖は活性酸素を作り出す
  2. 活性酸素はインスリンの分泌を低下させる
  3. 高血糖はAGEを生成する
  4. AGEは活性酸素を産生する

という負のスパイラルによって糖尿病は合併症発生へと進んでしまうのです。

対策は、

  1. 炭水化物の摂取量を減らして血糖を下げる
  2. 活性酸素を除去する食べ物をたくさん摂る

ということです。

炭水化物の摂取量を減らすことは重要ですが、無理をする必要はありません。

  1. 朝のパンを半分にする
  2. 夕食のご飯を半分にする

というように、貴方の現在の状況や無理なくできる炭水化物制限で充分なのです。

食品でも活性酸素を取り除くSODのような働きをする食品はたくさんあります。

意外なのが梅干しです( ⇒ 梅干しは糖尿病を予防する)。

その他にも、トマトなど意外と知られていない食品もありますから徐々にご紹介したいと思います。


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ