糖尿病の自己管理支援アプリは体重減少に有効

糖尿病患者向けにたくさんのアプリがリリースされていますが使っていますか?

血糖値の管理、運動量、食事内容などを記録して糖尿病の改善の手助けになるにアプリがたくさんあるのです。

東京大学の医学部の附属病院では糖尿病の自己管理を支援するスマートフォンアプリGlucoNote(グルコノート)を無料で提供していますが、

糖尿病では自己管理アプリでデータをグラフ化すると効果が上がります

東京大学の附属病院の研究グループは先日開催された日本糖尿病学会で、

グルコノートを使った糖尿病患者では体重が有意に減少した

と発表しました。

あなたも、グルコノートを使って糖尿病を自己管理してみませんか?

 

 

糖尿病アプリ・グルコノートで体重減少

5月18日から名古屋で開催されて日本糖尿病学会で、

東京大学大学院医学系研究科健康空間情報学講座の研究グループは、

糖尿病管理アプリのグルコーノートの使用者では体重が減少した

と発表しました。

 

グルコノートは、東京大学とNTT ドコモがApple社ResearchKitを用いて共同開発した、

2型糖尿病と予備群のための自己管理支援アプリ

です。

 

東京大学医学部附属病院の研究グループは、

2016年3月から2型糖尿病患者や糖尿病予備群を対象にして、

グルコノートの有効性について臨床研究を開始したのですが、

詳しく見る ⇒ スマホアプリによる臨床研究開始

 

先日の日本糖尿病学会でその結果を公表したのです。

 

この臨床研究では、

2型糖尿病または糖尿病予備群と診断された成人を対象に、

グルコノートを用いて、

  1. 体重
  2. 血圧
  3. 空腹時血糖
  4. 食事内容

を記録して貰い、開始時と最終時のデータの変化を分析したのです。

 

この研究調査に先立って、

東大病院では通院中の2型糖尿病患者を対象に、

DialBeticsというモバイルシステムを用いた試験で、

DialBeticsを利用した糖尿病患者では、

 

3ヵ月後に、

  1. HbA1cおよび空腹時血糖値が有意に改善
  2. BMIも改善の傾向が認められた

として、今回の臨床試験をおこなったのです。

 

 

グルコノートの使用で体重が減少

 

グルコノートを使用した人では体重の有意な低下が見られました。

初回の入力時の平均体重は、71.8±14.2kgでしたが、

最終入力時の平均体重は、71.0±13.9kgでと有意に減少し、

収縮時血圧の改善も見られたと報告しています。

 

しかし残念なことに、

 

グルコノートの3ヵ月間の継続率は19.2%

と非常に低かったのです。

 

1年間の調査期間中に739名がデータ登録をしたのですが、

  • 90日継続率 : 19.2%
  • 180日継続率 : 12.7%

と、半年後には9割近いひとが記録を止めてしまっているのです。

 

研究グループは、

継続期間が長かった人ほど体重が減少する傾向がある

として、

いかにしてアプリへの入力を継続させるかが今後の課題だとしています。

 


Sponsored Link

 

糖尿病自己管理支援アプリは体重減少に有効

糖尿病や糖尿病予備群では、

  • 食事療法
  • 運動療法

が指示され、

日常生活の自己管理

が必要となるのですが、

食事療法や運動療法を継続して順守することはなかなか難しく

食事療法や運動療法による血糖値の管理が困難で、

糖尿病の悪化や糖尿病へ移行してしまうことが多いのです。

 

こんなときには、アプリソフトを導入し、

  1. 血糖値の記録
  2. 食事療法の記録
  3. 運動療法の記録

をおこなってデーターの可視化することが継続する秘訣なのです。

 

糖尿病の自己管理を支援するアプリはたくさんリリースされているのですが、

   詳しく見る ⇒ 糖尿病のためのアプリ

 

グルコノートは東京大学の医学部附属病院企画情報運営部が作成したアプリなのです。

グルコノートは東京大学が開発した2型糖尿病および予備群の方を対象に自己管理支援と研究調査を目的としたアプリで、

登録された在宅測定データと生活習慣の関連性を検討し、2型糖尿病が改善するための適切な支援へつなげることを目的に開発されました。

グルコノートは、体重、血圧、空腹時血糖、食事の写真などを患者自身に記録させ、

データのグラフ化と判定を行うことで食事や運動における自己管理を支援するアプリなのです。

  詳しく見る ⇒ 東京大学のグルコノート

グルコノートの特徴と機能

 

グルコノートは、糖尿病のコントロールに影響する食事や運動などの生活習慣と、糖尿病に関連する血糖値などの測定結果の記録を支援します。

さらに、登録者のデーターが蓄積されればそれらを解析して、生活習慣が血糖値や血圧、体重にどう影響するかを詳しくアドバイスできるようになります。

糖尿病の運動療法や食事療法では自己管理アプリを使えば継続できます

 

グルコノートに記録して自動的にグラフ化される項目は、

  1. 血糖値
  2. 体重
  3. 血圧
  4. 歩数( iPhoneに内蔵されたセンサにて自動的に歩数を測定記録)
  5. 食事(撮影した写真からメニュー・カロリーを推定)

糖尿病では自己管理アプリを使えば効果があります

さらに、

  1. 健康診断の結果
  2. 医療機関における検診結果

をも入力でき、自分の健康に関するデーターを一元管理することができるのです。

食事、体重、歩数、血圧、血糖値の各入力数値は、判定基準によって判定され、アプリ上にコメントが表示されることから、毎日の励みになり糖尿病や肥満を解消することが可能になるのです。

 


Sponsored Link

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ