アルツハイマー病は脳の糖尿病

糖尿病の患者数が増えています

同時に、

アルツハイマー病の患者も増えているのです。

糖尿病とアルツハイマー病はなんの関係もなさそうに思うでしょうが、

糖尿病患者はアルツハイマー病になるリスクが4.6倍高いのです。

アルツハイマー病は脳の糖尿病だといわれています。

アルツハイマー病は、

  1. 糖尿病性神経障害
  2. 糖尿病網膜症
  3. 糖尿病腎症

と同じようにアルツハイマー病は糖尿病の合併症なのです。

 

 

糖尿病とアルツハイマー病の患者が増えている

厚生労働省がは、3年毎に「患者調査」をじっしていますが、平成26年の調査によると、

継続的な治療を受けていると推測される糖尿病の患者総数は 316万6,000人で、

前回の調査よりも46万人以上も増加していることが分かっています。

糖質制の合併症の1つはアルツハイマー病

HbA1cが6.5%以上であるか糖尿病の治療を受けている糖尿病有病者は、

  • 男性で 15.5%
  • 女性で 9.8%

もいるのです。

糖尿病は50歳を超えると増えはじめ、

70歳以上では、

  • 男性では4人に1人(22.3%)
  • 女性では6人に1人(17.0%)

が糖尿病だとみられるのです。

 

さらに、高齢者では認知症も増え、2010年時点では200万人程度といわれていますが、

2020年には325万人に達するとみられています。

 

糖尿病になるとアルツハイマー病のリスクが高い

さらに専門家の間では、

  • 65歳以上人口の10%(242万人程度)が認知症

だともいわれているのです。

 


Sponsored Link

 

アルツハイマー病はインスリン分解酵素の低下が原因

代表的な認知症には、

  1. 脳血管性認知症
  2. アルツハイマー病

があります。

脳血管性認知症は、認知症の約20%を占め、

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • くも膜下出血

などの脳の血管の障害によって引き起こされることが分かっています。

 

一方、アルツハイマー病は、

脳にアミロイドβ(AB)という物質がたまり神経原線維を変性させ神経細胞が死亡するというアミロイドカスケード説が有力ですが、

確定したわけではありません。

 

アルツハイマー病はインスリン分解酵素の低下が原因

最近、「アルツハイマー病は脳の糖尿病」だとする多くの研究論文が発表されています。

このサイトでも、

など、糖尿病とアルツハイマー病の関係をご紹介していますが読んでくださったでしょうか?

 

アルツハイマー病は高血糖によるインスリン分解酵素の低下が原因だというのです。

糖尿病になったら脳の糖尿病のアルツハイマー病に注意してください

 


Sponsored Link

 

アルツハイマー病は脳の糖尿病

先週、講談社から、

「アルツハイマー病は脳の糖尿病」という本が出版されました。

 

アルツハイマー病は脳の糖尿病といわれる理由を知っていますか

本書は広島大学名誉教授で脳神経学者の鬼頭昭三氏が著した本ですが、

  糖尿病とアルツハイマー病が並行して増加している

ことを指摘し、

  糖尿病とアルツハイマー病の共通点とは何か

を探っているのですが、

 

血糖値が高く「高インスリン血症」の状態になると身体は血糖値を正常に保とうとして「インスリン抵抗性」を持ち始める。

これにより脳の中でインスリンが行き渡りにくくなることで、記憶物質としての働きが難しくなりアルツハイマー病を発症しやすくなる。

 

と解説しています。

 

脳の糖尿病であるアルツハイマー病を予防するには

「アルツハイマー病は脳の糖尿病」の中では、

糖尿病によるアルツハイマー病を予防するつかの予防策

を紹介しています。

 

まずは、

  1. 充分な睡眠
  2. 禁煙と禁酒

ということが最初に上げられています。

 

睡眠時間が短いとインスリンの作用が40%も低下してインスリン抵抗性が上昇

するのだそうで、

さらに、

ニコチンは記憶の促進に役立つ女性ホルモン(エストロゲン)の作用を阻害し、

過度な飲酒によるアセトアルデヒドの産生もインスリン抵抗性を上昇させるそうです。

 

最も重要なのは食事療法で、

 地中海式食が糖尿病によるアルツハイマー病の予防に効果がある

と紹介しています。

 

地中海食とは、

  1. 野菜、果物、穀物などの植物性食品を豊富に摂る
  2. 不飽和脂肪酸を含むオリーブオイルなどを摂る
  3. チーズやヨーグルトなどの低脂肪の乳製品を摂る

ことを3本の柱としている食事療法で、

アメリカの糖尿病学会は糖尿病の食事法として、

  1. 糖質制限食
  2. 地中海食
  3. ベジタリアン食
  4. 低脂質食
  5. DASH(Dietary Approaches to Stop Hypertension)食

を推奨しているのです。

   詳しく見る ⇒ 糖尿病には地中海食が良い

 

 

糖尿病では、食後高血糖を抑えることが第一です。

食後高血糖のグルコーススパイクは心筋梗塞や認知症の原因になるからです。

 

血糖値がやや高いというあなたも、適度な糖質制限を始めるべきなのです。

糖質制限というと、

  1. 主食を食べない
  2. 糖質ゼロ

などという過激な糖質制限食を思い浮かべるでしょうが、

 

制限は禁止ではなく、

  • 朝食のパンを半分にする
  • 夕食のご飯を半分にする

これで充分なのです。

あなたに合った糖質制限を選んで(スタンダード糖質制限食のやり方)、

  • 糖尿病の予防
  • アルツハイマー病の予防

を始めて下さい。

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ