緑茶やコーヒーは糖尿病の血糖値を下げる

国立がん研究センターと東京大のチームは、

緑茶やコーヒーをよく飲む人は心臓や脳血管の病気で死亡する危険性が4割程度低い

ことが分かったと発表した。

緑茶やコーヒーは、糖尿病の血糖値にもよいのか?

緑茶やコーヒーは心疾患系での死亡を防ぐ効果がある

国立がん研究センターと東京大の研究チームは、国内の10都府県に住む40〜69歳の男女計約9万人について、緑茶やコーヒーを毎日よく飲む人とあまり飲まない人について19年間にわたって追跡調査した結果を、昨日、5月7日に発表し、テレビや新聞でも大きく報道されました。

1990年の調査開始以降、1万2,874人が病気で死亡したのですが、緑茶やコーヒーの飲用と心臓や脳血管疾患での死亡との関連を調べたのです。

 

緑茶を1日に5杯以上飲む人ではあまり飲まない人に比べて死亡の危険性が、男性では13%、女性では17%も低かったそうです。

死因別では、男性では心疾患で13%、脳血管疾患で24%、呼吸器疾患で45%低く、女性でも心疾患で37%、脳血管疾患と呼吸器疾患では13%低下したそうなのです。

緑茶は血糖値を下げる

 

コーヒーを1日に1杯から2杯飲むと答えた人は、病気などで死亡する危険性がほとんど飲まない人に比べ0.85倍と低く、3杯から4杯飲むと答えた人では0.76倍と、さらに低くなったというのです。

つまり、コーヒーを1日3〜4杯飲む人の死亡の危険性は、コーヒーをほとんど飲まない人に比べて24%も低く、心疾患での死亡率が36%、脳血管疾患では43%、呼吸器疾患では40%も低かったのです。

コーヒーは血糖値を下げる

この結果について研究チームは、詳しい仕組みは分からないとしながらも、緑茶に含まれるカテキンやコーヒーに含まれるクロロゲン酸には血圧調整の効果があり、カフェインには血管保護や気管支拡張などの効果があることから、これらが関与していると述べています。


Sponsored Link

緑茶は血糖値を低下させる

血糖値が気になるあなたにとっては、「糖尿病にはどうなの?」、「血糖値に対する効果は、、」ということが気掛かりですね、、、

2014年4月に、アメリカのペンシルヴァニア州立大学の研究チームは、緑茶の成分を摂取すると糖尿病の検査値が低下することを動物試験で確認しています。

緑茶は糖尿病に良い

糖尿病のマウスに、4ヵ月間に亘って、カフェインを除いた緑茶の抽出物を摂取させ、同時に運動もさせたところ、

  • 体重 : 27.1%減少
  • 腹部脂肪 : 36.6%減少
  • 空腹時血糖値 : 17%低下
  • インスリン値 : 65%低下
  • インスリン抵抗性 : 65%減少

と、驚くべき効果を確認したと発表しています。

もちろん、緑茶成分を与えず、運動もしなかった群では体重や糖尿病の検査値の改善が無かったそうです。

マウスに与えた緑茶成分の量は、人間では1日8~10杯の緑茶に相当すると量だそうですから、緑茶を多めに飲む人の摂取量とほぼ同じですね、、、。

緑茶には、

  • カテキン
  • 天然の抗酸化作用のあるポリフェノール

が豊富に含まれており、マウス以外の動物でも緑茶のポリフェノールによる肥満防止効果が報告されています。

緑茶は糖尿病を防ぐ

だだ、この成績を発表したジョシュア ランベルト准教授は、

「緑茶には糖尿病改善効果があるが、運動をしなければ、その効果が発揮されない」

と述べていますから、運動が重要ですね。

彼らの実験では、カフェインを除いた緑茶成分を用いています。

緑茶にはカフェインも含まれ、カフェインのエネルギー消費促進作用が気になりますが、同様に、マウスにカフェインのみを摂取させた実験では、基礎代謝が向上し、エネルギー消費が増えることが確かめられたそうですから、緑茶をたくさん飲めば、

  1. 糖尿病改善効果
  2. エネルギー消費促進効果

の2つが得られるということです。

 

コーヒーは糖尿病の発症を予防する

緑茶が糖尿病改善効果があることは分かったけど、若い人では緑茶よりもコーヒーを飲むことの方が機会が多いのですが、コーヒーも糖尿病の発症を予防するのです。

これは、「欧州糖尿病学会誌(Diabetologia)」に発表されています。

研究では、米国で、12万人の食生活やライフスタイルと、2型糖尿病の関連を、20年以上追跡調査したところ、

  • 1日のコーヒー摂取量を1.5杯分増加すると2型糖尿病のリスクが11%低下
  • コーヒーの量を1日に1~2杯減らした人では、糖尿病のリスクが17%上昇
  • 1日3杯以上コーヒーを飲む人は1日1杯以下の人より糖尿病のリスクが37%低い

という結果が得られ、カフェイン抜きのコーヒーでは、摂取量と2型糖尿病との間に関連性がないことから、カフェインが影響していると結論しています。

研究を行った米ハーバード大学のシルパ ブパシラジュ教授は、

「コーヒーに含まれる、

  • カフェイン
  • ポリフェノール
  • マグネシウム

などの成分が糖尿病発症を抑えた可能性がある」、と述べています。

もちろん、砂糖は控えめに、、ですね。

コーヒーは糖尿病を防ぐ

糖尿病が心配な人や高血糖が気になる人は、

緑茶やコーヒーを飲んで適度な運動

を心掛けてください。


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ