糖尿病の血糖値を食事で治すことができます

糖尿病は自覚症状もないし、、ただ血糖値が高いだけ。
血糖値が高いなら、薬を飲めば良いさ、、なんんて簡単に考えてはいませんか?
糖尿病は実は非常に怖い病気です。

糖尿病が怖いのは合併症です

糖尿病は昔は贅沢病とも言われていました。

かつては、糖尿病は美食や食べ過ぎの人が罹る病気といわれていたのですが、食生活が良くなった現在では、糖尿病になるひとがどんどん増加しています。

誰でも糖尿病にはなりたくないと思っていますが、癌や高血圧などによる脳梗塞や心筋梗塞に比べて生命への危機感が少ないと感じているからか、健康診断で血糖値がやや高いと診断されても、無頓着な人が多いのです。

糖尿病は血糖値が高くなる病気で、特に症状はないのですが、高血糖が長く続くことによって引き起こされる糖尿病性合併症が怖いのです。

糖尿病性合併症とは、糖尿病になり、高血糖の状態が数年経過することによって発症する合併症のことです。

自分は糖尿病だと分かっている人でも、糖尿病性合併症のことは良く理解していない人が多いのですが、糖尿病で血糖値を下げる治療をするのは、糖尿病性合併症の発症を予防するためなのです。
糖尿病性合併症にはいくつかあるのですが、

  1. 糖尿病神経障害
  2. 糖尿病網膜症
  3. 糖尿病腎症

が糖尿病の「三大合併症」といわれています。

糖尿病の合併症が怖い

この合併症が進行すると、最終的には、

  1. 糖尿病神経障害  →  下肢切断
  2. 糖尿病網膜症   →  失明
  3. 糖尿病腎症    →  腎臓移植

などの恐ろしい結末になるのです。

隠れ糖尿病が増えている

定期的に健康診断を受けていても、健康診断では見つからない、「隠れ糖尿病」の人が増えています。

健康診断の日には朝食を摂らずに病院に出かけて採血をし、血糖値を測定することで糖尿病になっていないかを検査します。

しかし実際には、空腹時の血糖値が、糖尿病だと診断されるレベルまで高くなるのは糖尿病がかなり進行した状態でなければ、血糖値はそこまで上がらないのです。

糖尿病がそれほど進行しておらず、軽症の場合には血糖値は食後2~3時間は高くなるのですが、空腹時には正常レベルまで戻ってしまうことが多く、糖尿病の検査から漏れてしまう場合が多いのです。

隠れ糖尿病が増えている

この状態の人が、「隠れ糖尿病」と呼ばれるのですが、

隠れ糖尿病 = 糖尿病予備群 (軽度な糖尿病)

であり、そのまま同じ生活を続けることにより、重度の糖尿病に進行してしまう危険があるのです。

隠れ糖尿病とは、

空腹時の血糖値が200mg/dlであれば糖尿病と診断されますが、

隠れ糖尿病とは、食後の血糖値が200以上となるものの、空腹時には正常値でで戻る状態の人で、初期の糖尿病と考えられます。

国内の糖尿病の患者数は約890万人ですが、糖尿病の予備群である隠れ糖尿病の人は約1320万人もいると推定されており、日本人の5人に1人にが隠れ糖尿病に相当します。

合併症の原因は高血糖の持続

血糖値が高い状態が長く続くことによって合併症が引き起こされますが、合併症の種類については上で述べましたが、合併症を引き起こす主な要因は「血管の障害」、「血行障害」です。

血管の障害は、種々の原因で血管が詰まりやすくなったり、詰まったりする状態です。

太い血管で起こる血行障害は、動脈硬化により脳卒中や心筋梗塞で死に繋がります。

細い血管や微細な血管で血行障害が起こると、

  • 網膜の血管が詰まれば視力低下や失明
  • 足先などの血管が詰まれば指先の壊死による下肢切断
  • 腎臓の血管が詰まれば、腎臓の浄化能力低下による腎不全

などを引き起こされるのです。

糖尿病で高血糖が長く続くことによりどうして血管に障害が起こるのかはまだ明確なメカニズムが分かっていません。

仮説の段階ですが、高血糖によって増加する酸化ストレスが血管障害を引き起こすのではないかと考えられています。

高血糖が長く続くと、血管内皮の機能が低下してしまうのですが、高血糖は酸化ストレスを増やし血管を詰まりやすくしてしまうと考えられているのです。

高血糖が血管障害を起こすメカニズムが分からないということは、治療法がない、ということです。

糖尿病性合併症を防ぐには、血糖値を下げるより予防法がないのです。


Sponsored Link

血糖値を下げる方法

あなたも、まだやや血糖値が高いだけだから、、と安心している場合ではありません。

隠れ糖尿病のあなたは、もはや糖尿病だと考えた方が賢明です。

空腹時の血糖値が100mg/dL未満、あるいは75g ブドウ糖負荷試験2時間値が 140mg/dL未満、以外の人は糖尿病だと思った方が良いでしょう。

隠れ糖尿病の人は、もうすぐ糖尿病になってしまう人なのです。

しかし、隠れ糖尿病は現在の診断基準では糖尿病ではありません。

したがって、病院に行っても薬を処方して貰うことはできません。

隠れ糖尿病の人は、

  1. 自分で治す
  2. 糖尿病になってから薬を処方して貰う

という方法しか手立てがないのです。

隠れ糖尿病の人は食事療法で体質を改善しか方法がありません

隠れ糖尿病の人が、今までと同じ生活をしていれば、100%糖尿病になります。隠れ糖尿病とは、糖尿病への坂道をどんどん下って行っている状態です。

それを避けるには、糖尿病患者がすべきことと同じです。

1)毎日の手軽な運動

毎日30分程度、早足の散歩などの有酸素運動が有効です。

2)食生活の改善

食生活を改善し、食べ過ぎを控える。
炭水化物を控えめにし積極的に野菜や肉を摂る。

毎日の運動が困難なら、せめて食事の改善だけでも試みて下さい。

隠れ糖尿病や糖尿病の人のための様々な有効な食事プログラムが開発されています。

このサイトでは薬に頼らず、食事や生活改善で血糖値を低下させる方法を紹介しています

あなたに合った、食事生活改善プログラムを見つけて、糖尿病を治してください。


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ