スマートフォンの糖尿病アプリ

糖尿病を患っていたり、糖尿病予備軍で服薬をしていたりしているあなたは災害時の対策をしていますか?

災害はいつ何時起きるか分かりませんし、交通事故などで意識を失ったときにも糖尿病であることを知らせる必要があります。

備えあれば憂い無し、災害時の糖尿病対策も忘れないようにしてください。

糖尿病患者の緊急用IDカード

糖尿病に罹患していて薬物療法を受けているならば、低血糖や交通事故などの緊急時には、 救急医療関係者や医療関係者にあなたが糖尿病であることを知らせる必要があります。

日本糖尿病協会では、糖尿病患者用IDカード(緊急連絡用カード)を無料(送料のみ自己負担)で配布しています。

このカードはプラスチック製で、 胸ポケットなどのわかりやすい所にいつも携帯して おけば良いのです。

また、海外旅行の途中で病気やけがをしてしまった時用のカードは糖尿病患者であることが5ヵ国語で書かれ ており、中には経口剤の服用やインスリン注射の有無や治療内容、合併症などの記入欄があるので、出発前に主治医に記載して貰い必ず携行するべきです。

詳しく見る ⇒ 日本糖尿病協会

糖尿病患者用の連絡カード

 

スマートフォン用の緊急連絡用アプリ

低血糖などで意識がもうろうとして、自分の状態が説明できない時に、緊急連絡先などを表示することができるスマートフォンのアプリアプリも便利です。

このアプリでは、

  • 自分が糖尿病であることを表示
  • 簡単な操作で事前に設定したアドレスにメールを送信
  • 簡単な操作で事前に設定した電話番号に電話をかける
  • かかりつけの医療機関や担当医を表示

糖尿病患者のスマートフォン糖尿病アプリ

することができましたら、低血糖で意識がもうろうとしたときや、万が一、交通事故などで話が充分にできないときなどのも自分の糖尿病や服薬情報を正確に伝えることができるのです。

iPhoneスマートフォン糖尿病アプリ

詳しく見る ⇒ iPhone 版

詳しく見る ⇒ アンドロイド版

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ