糖尿病は脳梗塞や心筋梗塞の原因だということを知っていますか?

糖尿病は脳梗塞や心筋梗塞の原因だということを知っていますか?

心筋梗塞や脳卒中は糖尿病の合併症

インスリン製剤では世界一の販売会社ノボノルディスクが、

糖尿病患者やその家族にアンケート調査したところ、

 脳梗塞や心筋梗塞が糖尿病の合併症だとは知らなかった

という人が非常に多いことが分かったというのです。

日本でも厚生労働省の調査で、

 国民の60%は糖尿病が脳梗塞や心筋梗塞の原因になることを知らない

ということが明らかになっています。

ノボノルディスクのアンケートでは30%のヒトが、

 合併症の注意不足に後悔している

と答えているそうですが、

あなたは大丈夫ですか?

 

 

脳梗塞や心筋梗塞が糖尿病の合併症と知らないヒトが多い

ノボノルディスクはデンマークの製薬会社ですが、

インスリン製剤では世界ナンバーワンの会社です。

 

ノボノルディスクは、

 糖尿病では脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが上がることを知らない患者が多い

とのアンケート結果を発表しました。

  詳しく見る ⇒ ノボノルディスク・プレスリリース

 

このアンケート調査は、

  • 脳心血管疾患を発症した経験がある60歳以上の糖尿病患者 : 104人
  • 近親者に脳心血管疾患を発症した糖尿病患者がいるヒト  : 106人

から回答を得たものです。

 

脳心血管疾患を発症した糖尿病患者が

脳心血管疾患を発症するまでに糖尿病の合併症と知らなかったのは、

  1. 狭心症  : 43%
  2. 心筋梗塞 : 39%
  3. 脳梗塞  : 31%

と、自分が脳心血管疾患を発症するまでこれらが糖尿病合併症だと知らなかったというのです。

 

さらに、

脳心血管障害を発症した時の気持ちについては、

  1. 合併症にもっと気を配るべきだったと後悔している : 33%
  2. 経済的負担が心配になった : 31%

と答えて、1/3の患者がもっと注意すべきだったと後悔しているのです。

 

そして、

4人に3人の患者が、

糖尿病が脳血管障害での死亡リスクを2倍上げることを知っていれば何らかの対策をしていた

と答えているのですが、

まさしく後悔先に立たずの結果になってしまっています。

 

ノボノルディスクでは、

今回の調査で糖尿病患者もその家族も、

  1. 糖尿病の合併症についての認識が十分でないこと
  2. 脳心血管疾患を発症した患者は再発や後遺症、経済的負担に不安を抱いている

ことが明らかになったとして、

 

国際糖尿病連合(IDF)と共同で、

2型糖尿病患者を対象として脳卒中や心筋梗塞などに対する世界規模の意識調査を開始すると発表しました。

  詳しく見る ⇒ ノボノルディスク・プレスリリース(英文)

 

2型糖尿病は進行する病気で、初期には自覚症状がほとんどなく、

患者が症状に気づくころには糖尿病の合併症である細小血管障害をすでに発症していることが多く、

サイレント・キラーと呼ばれているとして糖尿病患者への自覚を呼びかけているのです。

 


Sponsored Link

 

日本人の6割は糖尿病が脳梗塞や心筋梗塞の原因だと知らない

 

滋賀医科大学の研究グループは、

20歳以上の男女 2,891人 (平均年齢58.8歳)を対象におこなった調査で、

  • 糖尿病が脳梗塞や心筋梗塞の原因になると知っているのは国民の44.9%だった

との研究成果を発表しています。

60%の人が糖尿病が心臓病や脳卒中の原因だと知らない

 

    詳しく見る ⇒ 糖尿病は心臓病や脳卒中の原因

 

糖尿病は血管の病気

糖尿病は血管の病気です。

糖尿病における高血糖は血管壁を傷害し、

 

これにより、さまざまな合併症が起こりるのですが、

 

細い血管が傷害されれば、

三大合併症といわれる、

  1. 糖尿病神経障害
  2. 糖尿病網膜症
  3. 糖尿病腎症

が起こり、

 

太い血管が傷害されれば、

  1. 心筋梗塞、狭心症
  2. 脳梗塞

が引き起こされるのです。

活性酸素はAGEを生成し糖尿病合併症の原因になります

 

 

糖尿病予備群でも血管の傷害が始まっている

血糖値がやや高いだけ、まだ糖尿病ではない

と安心してはいけません。

 

血管の傷害は血糖値がやや高い糖尿病予備群でもすでに始まっているのです。

  詳しく読む ⇒ 糖尿病予備群でも寿命が短い

 

糖尿病予備群でも血管が傷害されて動脈硬化が始まっており、

糖尿病だと診断されて血糖コントロールが悪ければ、

  •  5年で神経障害が、
  •  7年で網膜症が
  •  10年で腎症が

起きるといわれています。

 

心臓病や脳卒中の原因は糖尿病だということを知らない人が多い

 

糖尿病になると寿命が短い

糖尿病になる、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなるため、

 糖尿病になると寿命が平均寿命より短くなる

との報告があるのです。

  • 男性では 9.6歳短命
  • 女性では13.0歳短命

だったのです(糖尿病は心臓病や脳卒中の原因)。

 

 

糖尿病は病気です。

自覚症状が乏しいために「放置している患者が多い」のですが、

その間に「確実に合併症が進んでいる」のです。

 

糖尿病患者では「男性では 9.6歳短命」、「女性では13.0歳短命」なのですが、

それも、「脳梗塞や心筋梗塞による死亡が多い」からなのです、、、

 

糖尿病は治せる病気ですが、

治せるのはあなたの食事療法が最も効果的なのです。

すぐに「スタンダード糖質制限食」を始めて下さい。

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ