コールドプレスジュースは糖尿病の血糖値に良さそうです

コールドプレスジュースが人気です。

ダイエットや美容にいいって若い女性で大ブレーク中なんです。

コールドプレスジュースは糖尿病の血糖値を下げるのにも良いんだそうです。

コールドプレスジュース、知っていますか?

コールドプレスジュースって?

少し前に、スムージーが大ブームでしたが、最近、雑誌でよくモデルさんや女優さんが美容に、ダイエットに、、と紹介しているのが『コールドプレスジュース』ですが、どんな飲み物で、どのような効果があるのか、ご存知でしょうか。

ニューヨーカーの間では空前のブームだと言われている「コールド・プレス・ジュース」は、作り方が様々ですが、「低温低圧圧縮方式」で搾り出した野菜や果物、ナッツ類の100%ジュースです。

野菜や果物の食物繊維のカス(不溶性植物繊維)は除いてあり消化管に負担をかけないそうです。スムージーなどでは、不溶性植物繊維も含んでいるのですが、野菜や果物、ナッツ類の不溶性食物繊維は便秘の原因となることもあるので要注意なんだそうですね。

さらに、コールドプレスの名前の通り、低速で回転するミキサーを使うことで、熱が加わらないので、熱に弱いビタミン類や栄養素、そして酵素が破壊されないんだそうです。

ジュースの材料は果物だけでなく、代官山のSkyhighのメニューでは、detox redデトックス レッド:ケール,ほうれん草,キュウリ,セロリ,ニンジン,ビーツ,リンゴ,生姜、etox sweetデトックス スウィート:ケール,ほうれん草,セロリ,パセリ,キャベツ,ニンジン,リンゴ,ジンジャー、そして小松菜,セロリ,パセリ,キャベツ,キュウリ,gフルーツ,コリアンダー,生姜,リンゴなどを使ったものと様々で、見た目にもきれいですね!!。

コールドプレスジュースの種類

ハリウッドの女優やモデルの間では、食事を数日間コールドプレスジュースに置き換えて、消化器官を休ませながらも栄養はきちんと取るという、「進化した断食」のジュースクレンズ(クレンズ;洗浄する)が注目を浴びているダイエット法なのだそうです。

コールドプレスジュースの効果は?

コールドプレスジュースクは新鮮な野菜や果物をたくさん使い、「低温、低圧」で作ったジュースで、 栄養価が非常くビタミンや酵素も生きていますから、体に悪いわけがありません。

アメリカでは、100%生のジュースをロウジュースと呼ばれているのですがで、ロージュースクレンズといって、ロージュースで体内をクレンズ(=洗浄)することが流行っています。

日本でも若い女性の間で、「酵素ドリンクでのプチダイエット」が流行っていますが、ロージュースクレンズは、3日間または1週間程度の一定期間だけ固形物を食べず、ロウジュースだけで過ごすのです。野菜や果物の良質な栄養素や酵素を摂取しながら、内臓や消化器官を休ませることができ、身体を浄化してリセットし、本来身体が持っている機能をリセットして取り戻すことができるといわれています。

コールドプレスジュースの効果

コールドプレスジュースでのクレンズ効果は、

免疫力の回復

ロウジュースを飲むことで、休みなく働き続けている消化器官を休ませることができることから、白血球が活性化し、感染や癌細胞の増殖を抑制することが期待できるそうです。またアレルギーにも効果があると言われており、アトピーや種々のアレルギー疾患に対する体質改善が期待もできるそうです。

内臓・消化器官回復

ジュースクレンジングにより、消化吸収機能が休むことで、それに使われていたエネルギーは、免疫系と組織の再生に使われるようになり、消化管を始め各代謝器官や臓器が有害物質を排出し、細胞壊死を防止でき、老化を遅くするアンチエイジングにも効果があるのだそうです。

脂肪燃焼・ダイエット効果

ジュース以外の固形物を食べないのですから、当然のことながら、過剰なカロリー摂取を避けることができ、身体はエネルギー不足状態になりますから体脂肪が燃焼されてエネルギーに変えられることから内臓脂肪を減らす効果が有りますね。

デトックス・解毒効果
デトックスとは最近よく耳にする言葉ですが、トックス(毒)を排出または分解することで、日本語で言えば“毒抜き”、“解毒”という意味になりますね。人間の体内には栄養や酸素などの残りカスなどの老廃物や、食品添加物、大気汚染が原因で体に入った化学物質が蓄積されていき、これらの有害物質は正常な代謝を妨げているのです。この有害物質は脂肪に蓄積されやすいので体脂肪が多く肥満体の人ではたくさん蓄積されてしまうのですが、ロージュースでのデトックスで体脂肪を減らし、解毒効果が有ります。

美肌効果

固形物を摂りませんから、腸内の老廃物が排出され、腸内環境がリセットされ、便秘が解消されて美肌効果もあるそうです。

糖尿病では炭水化物の摂取過剰や摂取カロリーが多いことから高血糖や高脂質血症が誘起されるのですが、コールドプレスジュースを飲むことによって、食物繊維によって食欲を抑えたり、酵素の働きによって代謝が改善され、インスリンの働きが良くなることが期待されます。

糖尿病にも効果的

普通のジュースでは甘味料が加えられており、“隠れた砂糖”として糖尿病患者には良くないのですが、コールドプレスジュースでは甘味料の添加がなく、安心です。また、コールドプレスジュースでよく使われるパイナップルは、糖尿病や動脈硬化、癌予防に有用とされる他、消化を高める作用、皮膚の働きを整える作用、便秘改善や疲労回復の働きもあると考えられています。

また、コールドプレスジュースでよく使われる、チア・シードは、アメリカで注目されているミント属の植物で、古代マヤ・アステカ時代から栽培されていたゴマのような小さな粒の実ですが、ダイエット、便秘解消効果、免疫アップ、骨粗鬆症予防など不足しやすい栄養素がたくさん含まれていると言われています。

何処で飲める?

ニューヨークでは専門ジュースバーが急増しているそうですが、日本にも随分できはじめました。

東京で代表的な店は、

Sky High Juice Bar(渋谷区)

スカイハイは日本におけるコールドプレスジュースの先駆けともいえる店。可能な限りオーガニック食材を使っていたり、マカやヘンプシードといったスーパーフードをアドイン(追加)出来るのが嬉しいポイント。また、味もクセが少なく飲みやすいので、コールドプレスジュースビギナーにもおすすめ。

住所:渋谷区渋谷2-3-4 青山TNビル
TEL:03-6427-2717

 

ELLE café 六本木ヒルズ店(港区)

ビューティーにも造詣が深い人気ファッション誌「ELLE」による、心も体もより健康的に、もっと美しくなるためのカフェでもコールドプレスジュースの取り扱いがあります。ジュース一杯(330ml)で、ボウルいっぱいの野菜と同じ栄養素を補えます。デトックス要素が強いものの他、エイジングケアやホルモンバランスを整えてくれるコールドプレスジュースも。

住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー ヒルサイド2F
TEL:03−3408−1188
Why Juice?(渋谷区)

農薬不使用・減農薬・有機栽培・化学肥料不使用などの栽培方法にこだわった良質な食材を、季節ごとに日本各地より選りすぐり、旬の食材を旬のタイミングで摂取できるジュースブランド。季節によってジュースが変わるからこそ、四季を楽しみながら、肌も体も喜ぶ栄養素をあますことなく摂取したいもの。

住所:東京都渋谷区代官山町 13-8 1F
TEL:03−6416−5678

ペットボトル1本程度の480ccのジュースを作るためには、野菜や果物、ナッツ類などが1kgも必要だそうです。

「Why Juice?」では海外製の300kgもある大型の専用ジューサーを使用しているそうです。

コールドプレスジュースの機械

そのためSkyhighでは1杯(480cc)1,000円~1,300円ですから、毎日飲むのはちょっと、、、と思ってしまいます。

自宅でも作れる?

自宅でコールドプレスジュースを作れるのでしょうか、、、

ジューサーを持っている人はそれで、ミキサーやフードプロセッサーしかない人は、飲む前に、ザルでこせば、それに近いものができるのですが、コールドプレスジュースの本質は、ジューサーやミキサーでは高速回転で熱がかかるため、熱がかからないように低速回転で作るのですから、似て非なるものになってしまいます、、、。

ジューススタンドの「低温低圧圧縮方式」のジューサーがあれば良いのですが、、、

楽天で、36,823円です。

いくら健康に良いとは分かっていても、4万円では、、、ちょっと迷ってしまいます。

コールドプレスジューサー

いろいろ探していて見つけたのがこれ!

世界31ヵ国で1,100,000台売もれたという機械です。

値段は、4,580円です。

でも、手動式です。

でも考えようによっては、

  1. 電源がなくても使える
  2. 水洗いできる
  3. 音がうるさくない

と、かえってこっちの方が使い勝手が良いかも知れません。

使ってみて、毎日続けられそうであれば、高い電動式のジューサーを買えば良いし、試しに使うにはこれで充分そうです。

下記で、使い方のビデオも見れますから、、、

ベジフレッシュでコールドプレスジュース

 

というわけで、我が家ではこれでスタートします。

まだ商品が届いていないのですが、届きましたら実際の使い方や善し悪しをアップします。

コールドプレスジュースは糖尿病の高血糖に良さそうです。


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ