妊娠中に糖尿病になると夫婦とも糖尿病になりやすい

妊娠中に高血糖になる妊婦が多いのです。

妊娠中には体重が増えすぎないようにと過体重には注意するのですが、意外に見落とされるのが高血糖。

 

妊娠前には糖尿病とは全く関係がなかった人でも、妊娠中には誰でも糖尿病になる可能性が高く、

妊婦の10%が妊娠中に高血糖になるといわれています。

そして、妊娠中に糖尿病になると分娩後にも糖尿病になる可能性が非常に高いのですが、

カナダの研究グループは、

妊娠中に糖尿病になると夫も糖尿病になる可能性が高い

という研究論文を発表しました。

 

 

妊娠中には10%の妊婦が糖尿病になる

妊娠糖尿病とは、妊娠中に初めて糖尿病人なることです。

妊娠前から糖尿病だった妊婦は「糖尿病合併妊娠」といわれ妊娠糖尿病とは区別されます。

 

妊娠糖尿病も、通常の2型糖尿病と同じように血糖値が高くなる疾患で、

妊婦の10%がなるといわれています。

 

妊娠糖尿病は貴女の体に悪影響を与えるだけでなく、

  • 流産
  • 形態異常
  • 巨大児

など、胎児に重篤な影響を与えることがわかっています。

 

さらに最近の研究では、

胎児の脳に影響を与える

ということも明らかになりました。

 

くわしく見る ⇒ 妊娠糖尿病は胎児への影響が心配です

 

さらに、

妊娠中に糖尿病になると分娩後に糖尿病になるリスクが非常に高く

 

日本糖尿病妊娠学会では、

産後3~6ヵ月の検査では5.4%が糖尿病と診断され、全体で25%に何らかの耐糖能異常が見られ、

  • 産後1年以内に糖尿病になる頻度 : 2.6~38.0%
  • 産後5~16年以内に糖尿病になる頻度 : 17~63%
  • 将来糖尿病になるリスク : 7.43倍

だと注意をしています。

 

  詳しく見る ⇒ 日本糖尿病・妊娠学会

 

日本産科婦人科学会では、

全ての妊婦を対象に妊娠初期と中期に妊娠糖尿病の検査を行うことを推めています。

 

  詳しく見る ⇒ 日本産科婦人科学会

 

まず妊娠初期に血糖値を測定し、血糖値が高いときに「ぶどう糖負荷試験」にて妊娠糖尿病の診断を行います。

妊娠初期には正常範囲であった場合でも、妊娠が進むにつれてインスリンの働きがわるくなることから、

妊娠24~28週に再度、検査を受ける必要があります。

 

あなたは検査を受けていますか?

 


Sponsored Link

 

妊娠中に糖尿病になると夫も糖尿病になる

日本糖尿病妊娠学会も警告しているように、

妊娠中に糖尿病になると分娩後も糖尿病になる確率が非常に高いのですが、

 

カナダのマクギル大学ヘルスセンターの研究グループは、

 

妊娠中に糖尿病になった妊婦は、

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 冠動脈疾患

などのリスクが高まるが、

その夫も糖尿病になるリスクが高い

という研究成果を発表しました。

 

 

Conjoint Associations of Gestational Diabetes and Hypertension With Diabetes, Hypertension, and Cardiovascular Disease in Parents: A Retrospective Cohort Study.

In conclusion, we found associations of a combined GDM/GH indicator with cardiometabolic disease in mothers and with diabetes in fathers, with stronger associations when both GDM and GH were present.

 

    詳しく読む ⇒ 原著論文

 

この研究は、

カナダのケベック州に住み、

1990~2007年に子どもを一人出産した20~44歳の女性で、

  • 妊娠糖尿病だった女性と夫 : 3万1,719組
  • 妊娠糖尿病ではい女性と夫 :  3万1,719組

について、

平均13年間にわたって追跡調査し、

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 冠動脈

などの罹患状況を調べたのです。

 

その結果、

 

  1. 妊娠糖尿病か妊娠高血圧のいずれかを発症した女性ではその後の糖尿病リスクは14.7倍
  2. 妊娠糖尿病と妊娠高血圧の両方を発症した女性ではその後の糖尿病リスクは36.9倍

と、非常に糖尿病の発症率が高いことがわかったのです。

 

さらに興味深いことに、

  • 妊娠糖尿病か妊娠高血圧のいずれかを発症した女性の夫の糖尿病リスクは1.2倍
  • 妊娠糖尿病と妊娠高血圧の両方を発症した女性の夫の糖尿病リスクは1.8倍

 

 

研究グループは、

糖尿病や高血圧リスクが高い妊婦をできるだけ早く見つけ出して生活習慣の見直しを指導する必要がある

とコメントしていますが、

妊娠糖尿病や妊娠高血圧を発症した女性の夫でも糖尿病発症のリスクが高いことから、

 

生活習慣を正していくには家族全員が協力して取り組む必要があることを示している

と結論しています。

 


Sponsored Link

 

妊娠糖尿病の原因は妊娠にともなう、

  • プロゲステロン
  • プロラクチン
  • コルチゾール

などの分泌亢進によってインスリン抵抗性が高まり、血糖値を下げる働きのあるインスリンが効きにくくなることも大きな原因ですが、

 

一般の2型糖尿病と同じように、

  1. 体重過多や肥満
  2. 食事の偏り
  3. 運動不足
  4. ストレス
  5. 睡眠不足

なども関与しています。

 

すでにご紹介しているように、

 

妊娠糖尿病は食事と運動で治る

ということは多くの研究報告があります。

 

さらに、

妊娠糖尿病は食事療法より授乳

が有効だとの報告もあるのですが、

 

今回ご紹介したように、

妊婦が妊娠糖尿病になると夫も糖尿病になるリスクが高まる

ということからも妊娠糖尿病を予防するためには

  1. 食事
  2. 運動

が重要だということのようです。

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ