血糖値がやや高いあなたは前糖尿病です

健康診断で「ちょっと血糖値が高めですね」といわれたらあなたは前糖尿病です。

  • まだ糖尿病でなかった、、、
  • 血糖値が高いだけだ、、、

と安心してはいけません。

前糖尿病は糖尿病の前の段階で、

 今の生活を続けたら確実に糖尿病になる

ということなのです。

前糖尿病は風邪や頭痛とは違います。

症状がないからと言って放置しても前糖尿病が自然に直ることはありません。

前糖尿病は糖尿病ではありませんから治療薬などは処方されません

前糖尿病を治せるのはあなただけです。

 

前糖尿病とはなに?糖尿病じゃない?

 

前糖尿病は糖尿病予備軍境界型糖尿病ともいわれます。

 

前糖尿病は、血糖値が正常値よりも高いものの、糖尿病として分類される値までは高くない状態のことです。

糖尿病を発症する前の段階にあることから前糖尿病といわれます。

 

前糖尿病では、

  1. 空腹時血糖異常(IFG)
  2. 耐糖能異常(IGT)

の2つに分類されます。

具体的には、

  • 空腹時血糖異常 (IFG  Impaired fasting glycaemia)は、空腹時血糖値が110~125mg/dl
  • 耐糖能異常 (IGT  Impaired Glucose Tolerance) は、75g経口当負荷試験(OGTT)における2時間値が140~199mg/dl

に相当する人です。

 

過去1~ヵ月の血糖値を反映するHbAicと空腹時血糖値で区分すると、

正常、前糖尿病、糖尿病の血糖区分

  正常 前糖尿病 糖尿病
HbA1c(%) 5.7未満 5.7~6.4 6.5以上
空腹時血糖値(mg/dL) 100未満 100~125 126以上

 

前糖尿病はアメリカ糖尿病学会のガイドラインが提唱している考え方で、

Pre-diabetesといわれることから日本語では前糖尿病や前糖尿病状態といわれます。

 

 

日本の診断基準では同じような考え方で「境界型」といわれます。

前糖尿病はでは血糖値が高いので糖尿病合併症の危険が大きい

 

健康診断の結果で医者から、

「ちょっと血糖値が高めですね、、、」

といわれる人は、

  • HbA1cが、 5.7~6.4%
  • 空腹時血糖が、100~125mg/dl

の人なのです。

 


Sponsored Link

 

前糖尿病は放置すると確実に糖尿病になる

前糖尿病だと診断され、

 ああ良かった!糖尿病じゃないんだ、、

と安心してはいけません。

今までの生活を続けると確実に糖尿病になります

 

前糖尿病は、

まだ糖尿病ではありませんが、

糖尿病の前段階の状態で、

放置しておくと糖尿病になる可能性が高い状態なのです。

 

アメリカでは、

成人の3人に1人が前糖尿病だといわれています。

 

さらに問題なのは、

前糖尿病の人は10人に1人しか自分が前糖尿病であることに気付いていないのです。

 

前糖尿病を放置すると、

糖尿病を発症する可能性が高いだけでなく、

糖尿病合併症も進んでいるのです。

 

糖尿病合併症は高血糖が続くことによって発症するのです。

糖尿病合併症は前糖尿病の時から進行しています

 

糖尿病性合併症が怖いなら前糖尿病の血糖値を下げることです

 

高血糖は血管壁を傷害し糖尿病合併症を引き起こすのです。

 


Sponsored Link

 

生活習慣の見直しで前糖尿病から脱却する

アメリカ糖尿病学会では、

前糖尿病でも生活習慣を見直すことで、

  • 糖尿病の発症を予防まできるだけでなく、
  • 正常人と同じ健康状態に戻れる

と述べています。

 

ここで重要なことは、

前糖尿病でも生活習慣の見直しによって、糖尿病の発症を防止できるだけでなく、

正常に戻ることができるということなのです。

糖尿病や前糖尿病とサヨナラできることができるということなのです。

 

アメリカ糖尿病学会の薦める生活習慣の見直しのポイントとして、

  1.  体重を5~7%減量して維持する
  2.  週に150分以上の軽い有酸素運動を行う
  3.  健康的な食事をする
  4.  禁煙する

という4つを挙げています。

 

 

アメリカ糖尿病学会では学会の公式サイトでは、

前糖尿病のリスク診断の簡易テストをおこなっています。

 

アメリカでは前糖尿病でも自分が糖尿病だとしらない人が多い

糖尿病のリスクを診断 ⇒ コチラ

 

英文の診断テストですが、

  1. 性別 (Men / Women)
  2. 親兄弟に糖尿病の有無(Yes / No)
  3. 過去に血糖値が高いといわれたことがあるか(Yes / No)
  4. 年齢 (Age)
  5. 人種 (Asian)
  6. 身体活動度(Physical activity   Yes/No)
  7. 身長・体重 (cm / kg)

の7つの質問の答えるだけです。

英語ですが上の項目の質問ですから分かるでしょう。

人種(Race)では日本人はありませんからアジア系アメリカ人(Asian american)を選べば良いでしょう、、、。

ただし、あくまでも参考ですから正しいリスク判定には医師の診断を受ける必要があります。

 

前糖尿病でも生活習慣の見直しによって糖尿病から離れることができるのです。

特に重要なのは、

  • 食生活
  • 運動

です。

 

食生活については「主食を食べない」や「糖質ゼロ」などの過激な糖質制限もあるようですが、

そんな過激な糖質制限をする必要はありません。

 

  1. 朝食のパンを半分にする
  2. 夕食のご飯を半分にする

そして肉や魚や野菜をたくさん食べれば良いのです。

これだけで良いのです。

 

 くわしく見る ⇒ スタンダード糖質制限食のやり方

 

やや血糖値が高いといわれて良かったのかもしれません。

それをきっかけに食生活の見直しをすれば糖尿病とは永遠にサヨナラできるのですから、、、

 

関連記事(一部広告を含む)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ