Googleが糖尿病網膜症の早期診断方法を開発

糖尿病と網膜症。

ちょっと結びつきが良くわからないという人も多いのですが、糖尿病による網膜症の患者が増えているのです。

そして、なによりも怖いのが、糖尿病網膜症で失明する人が毎年3,000人もいるのです。

糖尿病だと診断されたら、

毎年1回は眼科医を受診する必要があるのです。

最近、糖尿病網膜症の診断技術が向上し早期発見が可能になっています。

あの有名なGoogleも、

糖尿病にともなう失明の兆候を見つけ早期発見が可能になりました。

糖尿病網膜症の予防は早期発見

国内の糖尿病網膜症の患者は300万人もいます。

そして、年間に3,000人もの人が糖尿病網膜症で失明しているのです。

余り知られていないのですが、糖尿病網膜症は成人における失明の原因の第1位なのです。

先日、

 糖尿病網膜症の予防法

について書きましたが、読んでくださったでしょうか?。

糖尿病網膜症の予防は、なんといっても早期発見なのです。

Googleが糖尿病網膜症の早期診断法を開発

Googleは、糖尿病網膜症の早期発見技術を開発し、米国医師会雑誌に論文を投稿しています。

Development and Validation of a Deep Learning Algorithm for Detection of Diabetic Retinopathy in Retinal Fundus Photographs.

Conclusions and Relevance In this evaluation of retinal fundus photographs from adults with diabetes, an algorithm based on deep machine learning had high sensitivity and specificity for detecting referable diabetic retinopathy. Further research is necessary to determine the feasibility of applying this algorithm in the clinical setting and to determine whether use of the algorithm could lead to improved care and outcomes compared with current ophthalmologic assessment.

JAMA. Published online November 29, 2016

     詳しく見る ⇒ 原著論文

この技術は、Googleが開発したディープラーニング(Deep learning;深層学習)用アルゴリズムを用いたものです。

ディープラーニングは、人間の脳の神経細胞のネットワーク(ニューラルネットワーク)を模倣した情報処理技術で、機械学習の一種ですが、従来の機械学習から大きく進歩したものです。

従来型の機械学習では、例えば、ネコ色を認識するにはネコの様々な特徴により識別させていましたが、この特徴は人間が定義する必要があるのです。

しかし、

ディープラーニングでは、学習データから人工知能が自動的に特徴を抽出し、ネコとはどんな特徴を持つのかを自動的に学習し、識別できるようになるのです。

 

Googleは、

12万8,000例に及ぶ

  • 健康な人の網膜写真
  • 糖尿病網膜症と思われる出血のある網膜写真

最近Googleは糖尿病網膜症の早期診断方法を開発したと発表しました

を用いて、ディープニューラルネットワークに学習させ、

そのうえで、

1万2,000個の検証用画像をアルゴリズムに解析させたところ、

 眼科医とほぼ同じ制度で糖尿病網膜症を診断できた

というのです。

 

現在の糖尿病網膜症の診断は、

医師が網膜の写真を調べて診断することが一般的です。

しかし、

専門的なトレーニングが必要で、糖尿病網膜症の十分な診断技術を持つ医師は世界的に不足しているといわれています。

 

 

Googleは、今回の成績は、診断技術を持つ医師は世界的に不足してい現状において、この技術が眼科医の助けになるとしています。

この研究では2次元(2D)写真の解析をおこなっていますが、実際の診察では光干渉断層計(Optical Coherence Tomography:OCT)による3次元(3D)画像などももちいられていることから、3D画像の解析もおこなっているが、実用化にはさらなる研究が必要だとしています。

 

糖尿病網膜症の良い医者を探すには、

日本眼科学会が専門医一覧(http://www.nichigan.or.jp/senmonlist/map.jsp)を開示しています。

しかし、必ずしも糖尿病網膜症の専門医ではありません。

 

昨今のインタネット情報では、容易に名医を探すことが可能です。

糖尿病網膜症の名医一覧(http://doctor-cancer.com/eye-tounyoumoumaku-dr.html)というサイトもありますので利用されたら良いとおもいます。

 

糖尿病網膜症の予防は早期発見です。

しかし、、、

もっとだいじなことは、血糖値を下げることです。

  • 糖尿病と診断されたら、
  • 血糖値が高いといわれたら、

一日も早く血糖値を下げる糖質制限食をはじめてください。


Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ