糖尿病におけるHbA1cの判定基準

Hba1cってなんでしょう?

Hba1c(ヘモグロビン・エイ・ワン・シー)

は、血糖のコントロール状態を反映する指標です。

Hba1cとは

HbA1c(ヘモグロビン・エイ・ワン・シー) とは、赤血球の中にあり酸素を運ぶ働きのあるヘモグロビンと血液中の糖が結合したものです。

食事で摂取した炭水化物はアミラーゼなどの消化酵素により分解されてブドウ糖になって腸から吸収されて血液中に入ります。

血中のブドウ糖は身体の細胞でエネルギー源として使われるのですが、血管内の余分なブドウ糖は赤血球中の蛋白であるヘモグロビン(Hb)と結合したものがグリコヘモグロビンとも呼ばれるHbA1cなのです。

ブドウ糖 + ヘモグロビン →  HbA1c (ヘモグロビン・エイ・ワン・シー)

ha1cとは

ヘモグロビンは赤血球の中に大量に存在する蛋白で、身体の隅々まで酸素を運搬する役割を担っていますが、血液中のブドウ糖とも結びつき、Hba1cを作るのですが、高血糖すなわち余っているブドウ糖が多ければ多いほど、ブドウ糖と結びつくヘモグロビンが増えるのです。

血液中のブドウ糖は食事の影響やインスリンの作用によって、絶えず上がったり下がったりしているのですが、ヘモグロビンと結合したブドウ糖は容易に離れることがなく、赤血球の寿命といわれる約120日の間、そのままの状態で体内を巡っています。

したがって、血液中のHba1cの量(値)は、赤血球の寿命の半分くらいにあたる時期の血糖値の平均を反映しているといわれています。

つまり、血液中の血液中のHba1c値は、、その日から1~2ヵ月前の血糖の状態を推定できることになるのです。

血糖値とHba1cは何が違うのか

血糖値は、血液中のブドウ糖濃度を直接測定した数値です。

血糖値は健康な人でも食事により急激に上昇しますが、やがて食事前の値に戻ります。血液中のブドウ糖濃度は非常に変化しやすいのです。

糖尿病の診断する上で、血糖値は食事や採血時間などの影響を大きく受けることが分かってきたのです。

さらに、血糖値の場合には採血時点の瞬間的な血糖の状態しか分からないので、普段食事療法や運動療法などで持続的に血糖がコントロールされていた否かもわかりにくく、糖尿病の治療効果を正確に判断できないことも分かってきたのです。

食事による血糖値の変化

一方、HbA1cは濃度は食事や運動などの影響を受けず、安定していおり、さらに、ヘモグロビンの寿命は約4ヵ月であることから、HbA1c値は過去1~2ヵ月間の血糖の平均的状態を知ることができるのです。

血糖値や尿糖値が検査前の食事や飲酒、それに検査の時間によって変動するのですが、HbA1cはそれらの影響をほとんど受けない特徴も、糖尿病の状態を推察するには非常に有利なのです。

HbA1cは過去の血糖状態を表している

もう少し詳しく説明しますと、HbA1cの半減時間(血液中の物質が半分になる時間)は28.9日だといわれています。

すなわち、ブドウ糖と結合したヘモグロビンであるHba1cが半分になるまでには1ヵ月かかります。

つまり、1ヵ月前~現在までの1ヵ月間の血糖状態の50%、2ヵ月~1ヵ月前までの1ヵ月間の血糖状態の25%、4ヵ月~2ヵ月前までの2ヵ月間の血糖状態の25%が反映され、Hba1cを測定すれば、採血前の約1~2ヵ月間の血糖の状態を知ることができるのです。

Hba1cで分かること

健康診断の数日間だけ食事療法や運動療法に励んでも、直ぐにはHbA1cの値に反映されず、検診の結果、血糖値は低下したがHbA1cは変化がなかったという場合も出てきますが、HbA1cの方が貴方の血糖の状態をより正確に表しているのです。


Sponsored Link

HbA1cの国際基準

HbA1cの値は測定法により多少異なることから、国や地域によって正常値の基準値には多少の違いがあります。

具体的には、日本のJDS(日本糖尿病学会)法や、欧米のIFCC(国際臨床化学連合)法、NGSP(国際グリコヘモグロビン標準化プログラム)法などの間では数値の違いがあります。

これらのHbA1cの定義や標準化のプロセスが異なることから、HbA1c値が異なってしまうのですが、日本のJDS法を基準にすると各標準法は下表のようになります。

血糖コントロールの目安

そこで、日本糖尿病学会では、2012年4月1日よりHbA1c表記を日常診療では国際標準値(NGSP値)を使用することに決めました。

したがって、これまで使用していた数値(JDS値)より約0.4%高くなりました。

たとえば、

HbA1c(JDS)6.6% → HbA1c(NGSP)7.0% (+0.4%)

となりました。

糖尿病をHba1cで診断する

少し難しくなってしまったのですが、実際の糖尿病の診断ではどのように使われるのでしょうか。

HbA1cの検査法

血糖値と同様に、採血をして測定しますが、血糖値の検査と異なり、検査当日の食事制限などはありません。。

測定法には、HPLC法(高速液体クロマトグラフィ法)、免疫学的法があります。

HbA1c基準値

一般的に用いられているHPLC法という測定法では、4.3~5.8%が基準値で正常と診断されます。

血糖値と異なり、検査直前に絶食しても、大食しても、糖尿病に罹患していなければこの範囲を超えることはありません。

糖尿病の診断

HbA1cが6.5%以上の場合には糖尿病と診断されます。

しかし、境界型や軽症糖尿病ではHbA1cが基準値内におさまる場合がありますので、この場合は確定診断としてブドウ糖負荷試験が必要となります。

 


Sponsored Link

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ