妊娠糖尿病を運動で予防するには

妊娠糖尿病を予防するには運動が一番です。

妊娠糖尿病を防ぐための運動は、ウオーキング、水中エアロ、自転車こぎ、ヨガ、どんな運動でも良いのです。

妊娠中の運動は、妊娠糖尿病を防ぐだけでなく安産率を高めるとの研究結果が報告されました。

どんな運動でも妊娠糖尿病を防いで安産を高める

妊娠中の運動は、早産の原因になると考えてはいませんか?

確かに昔は、妊娠中に運動をするとノルアドレナリンが分泌されて子宮を収縮させるために早産になる、と考えられていました。

しかし、最近の研究では、妊娠中の運動は妊娠糖尿病を予防するだけでなく、母子の双方にとって非常に有益であることが明らかになりました。

この研究は、アメリカのトマス・ジェファーソン大学の研究グループで、アメリカ産科婦人科学会誌(電子版)に発表されました。

The Benefits of Exercise During Pregnancy
Women who exercise during pregnancy are more likely to deliver vaginally than those who do not, and show no greater risk of preterm birth.

Released: 7-Jul-2016

日本語のタイトルにすれば、

 妊娠中の運動の有益性について
 妊娠中の運動は、経腟分娩率を高め、早産の危険性も少ない

ということでしょうか。

研究グループは、妊娠中の運動と妊婦の健康について調べた9つ論文を解析しました。

  • 運動を良くした妊婦 : 1,022人
  • 運動を全くしなかった妊婦 : 1,037人

について、

  • 妊娠中の健康経過
  • 分娩の状況

を詳細に調べたのです。

運動の頻度は、

  • 妊娠10週目~出産直前の37週目まで
  • 週に3~4回、1回あたり35~90分

運動の内容は、

  1. ウォーキング
  2. 水中エアロビクス
  3. ヨガ
  4. ピラティス
  5. エアロバイク(自転車こぎ)
  6. 筋トレ

など様々でした。

その結果

  1. 運動群での早産の割合は増えなかった
  2. 運動をしない群では22%が帝王切開したが運動群では17%
  3. 運動をしない群の普通分娩は67%だったが、運動群では73%が普通分娩
  4. 運動群での分娩時の鎮痛剤使用は運動をしない群より58%少なかった
  5. 運動をしない群では妊娠糖尿病の発症率は5.9%だったが、運動群では2.4%と半分以下だった
  6. 運動をしない群での妊娠高血圧の発症率は5.1%だったが、運動群では1.9%と約3分の1だった

と、運動した群では良いことづくめだったのです。

研究グループも、

妊娠中には、お腹が大きくて運動しにくい、息切れがする、疲れやすいなどの様々な理由で運動をしたがらない妊婦が多いのですが、妊娠中の運動は母体にも胎児にも良いことだけで、早産の危険は全くない、

と結論しています。


Sponsored Link

赤ちゃんの脳の成長がロケットスタート

このように妊娠中の運動は母体にいい影響を与えるが、健康効果はこれだけにとどまらない。2013年11月にカナダ・モントリオール大学が発表した研究によると、お腹の中で赤ちゃんの脳の成長を早めてくれるという。

研究グループは、

  • 妊娠5~7ヵ月の妊婦
  1. 運動をする群
  2. 運動しない群

の2群に分け、

運動をする群では、

  • 運動の頻度 : 20分程度の運動を週3回
  • 運動の種類 : ウォーキング、軽いジョギング、水泳など少し息が切れる程度の有酸素運動

そして、分娩後に、

  • 出産後8~12日目に、各群の新生児の脳波を測定

したのです。

脳波の測定は新生児の睡眠中に、

  • 初めて聞く音
  • 母親の鼓動などの馴染みの深い音

を聞かせて、

  • 新生児が音を判別できるかを脳波によって判定

したのです。

その結果、

運動をした母親の新生児は、運動をしなかった母親の新生児より様々な音を効率よく識別し、聴覚記憶能力が優れていることがわかったのです。

研究グループは、

妊娠中の運動は胎児の脳の成長を早めていることが確かめられた

と述べています。

 

妊娠中の運動は妊娠糖尿病を予防するだけでなく、胎児の脳の発達を促進します

妊娠糖尿病を予防するための運動はウオーキング、水中エアロ、自転車こぎ、ヨガ、どんな運動でも良いのです。


Sponsored Link

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ