糖尿病にも筋膜リリースが効果的です

筋膜リリースが話題です。

筋膜は筋肉を包んでいる膜のことですが、捻れたり癒着したりすると肩こりや痛みの原因になるのです。

しかし、筋膜リリースは糖尿病の血糖値にも効果があるのです。

血糖値が高めで運動不足のあなたは直ぐにでも始めて下さい。

筋膜リリースとは

筋膜リリースとは、その字のごとく、筋膜を解放(リリース)させることで、簡単に言えば、ストレッチやマッサージの一つです。

筋膜リリースの効果はNHKのためしてガッテンでも肩コリが劇的に改善するとして紹介されました。

ためしてガッテンでも筋膜リリースの効果を実証

筋膜とは筋肉や骨、血管や神経、臓器などを包み込んでいる膜のことですが、筋膜が捻れたり、凝り固まったり、筋膜同士が癒着したりすると、痛みが生じたり、柔軟性が損なわれたり、運動の可動域が制限されたり、本来の動作ができなくなってしまうのです。

癒着したり捻れたりする原因としては、長時間同じ姿勢で仕事をしていたり、運動不足で体を動かすことが少ない人、さらにはマホを長時間使う、同じ姿勢でテレビを見ている、良く脚を組む、いつも同じ肩にカバンを下げる、などの日常の動作や、さらにはストレスも筋膜の捻れやコリの原因だといわれています。

癒着、収縮した筋膜をそのままにしておくと、無理な動きや負荷により痛みや炎症が起きたり、可動制限によって他の部位にも痛みが及んだりとの影響が出てくるのです。

筋膜リリースは、筋膜のコリや捻れを元に戻し、本来の筋膜の正常な機能を取り戻すためのストレッチやマッサージの一つなのです。

筋膜リリースのやり方

筋膜リリースを行えば、血流を促し、老廃物の滞留やコリを解消することにより筋膜の癒着や収縮を解消し、また未然に防ぐことができます。

筋膜リリースは時間の空いたときにいつでもできますが、より効果的な時期はお風呂上がりなどで体が温まっているときです。

筋膜リリースは糖尿病の血糖値にも効果があります

体が温まっているときに行えば、より血行が促され筋膜や筋肉が緩み効果的です。

筋膜リリースのやり方については、様々な本も出ていますし、インターネット上のYouTubeなどでも数多く紹介されています。

 


Sponsored Link

筋膜リリースは糖尿病にも効果的です

1日10分の筋膜リリースが糖尿病患者で、

  1. 体重減少
  2. 血糖値改善

の効果があることが学会で発表されました。

2016年1月に東京で、第50回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会が開かれましたが、この学会で東京医科大学の東京医科大学八王子医療センター糖尿病・内分泌・代謝内科の天川氏らの研究グループは、

運動教室参加中の糖尿病患者における下腿筋群への筋膜リリース施行効果

東京医科大学八王子医療センター  天川 淑宏、粟根 尚子、臼井 直子 他

ことを発表しました。

 

この研究では、

  • 糖尿病患者  : 特に下腿症状を訴えた8人(男性3人,女性5人,平均年齢56.7歳)
  • 下腿筋膜リリースを3ヵ月間
    (7日間以上の間隔を空け月に2~3回、1人5分間、下腿筋の筋膜リリース)

下腿筋の筋膜リリースで糖尿病の血糖値低下に効果がある

を行ったのですが、

その結果、

  1. 自覚的歩行感覚と足関節底・背屈の感覚的が全例で改善
  2. 身体活動量が増加(平均17%)
  3. 平均活動強度の増加(平均0.1 METs)
  4. 体重の減少(平均−1.1kg)
  5. HbA1c値の低下(平均−0.4%)

の結果が得られたのです。

天川氏は、

  • 高血糖は筋膜の蛋白質を糖化させ筋膜の硬化とともに可動域を制限した
  • 糖化された筋膜に筋膜リリースを実施たことで歪みが改善され運動量が増加

下腿筋の筋膜リリースにより身体活動量が増加し、

  • 活動量の増加により体重減少
  • 筋肉の活動が増し血糖低下

下のだろうと推察しています。

筋膜のねじれや癒着を解消することによって関節が動きやすくなり、運動量や活動量が増えることで、体重減少や筋肉の活動により糖の消費が向上し、血糖が低下するということですね。

筋膜リリースで体重減少

昨年の放送ですが、日本テレビの『あのニュースで得する人損する人』でも筋膜リリースで体重が減少したという放送をしていました。

この番組では、身長154cm、体重113kgの女性が挑戦。

テニスボールを使って、首、肩、太ももなどのた筋膜リリースを1日10分程度行ったことで半年後には体重が10kgも減少したというニュースを聞いて早速実施。

10日後に、5.4kg減少したと報告していました。

医師の説明ではテニスボールで筋膜の線維がほぐれ、筋肉の動きが良くなったことで全身の基礎代謝が上がりダイエットに繋がったとの報告でした。

 

糖尿病の治療は食事療法運動療法です。

運動は食後30分後に行うと良いとのことですが、なかなかできないものです、、。

テレビを見ながらの筋膜リリースならできるのではないでしょうか。


Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ